日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

テレビの記事一覧

2009.03.24 WBC優勝
2009.01.08 竹内敏信さん
2007.01.21 風林火山
2006.12.15 ホームアローン2

WBC優勝

2009.03.24
WBC優勝おめでとうですわ~
それも2連覇ですね。なかなかできないことです。

韓国との試合はいつも1点の重みが大きくて、手に汗握る真剣勝負で緊張するね。
仲悪げな印象のある両国だけど、スポーツを通していい好敵手になればいいなと思うけどな。
今回の試合はマウンドに旗を立てたのは置いとくとしても、
観客も選手もお互いにすごくフェアで相手の存在を認め合ういい関係に思えたけどな。

ここ数日若きアスリートのそれも一流の選手の活躍を楽しめたこと目の保養でした。

メットから覗く海老蔵みたいな丹精なお顔の川崎
グラブから覗くかわいいお顔の岩隈・・・

じゃなくて、ここぞでいい仕事してくれた川崎、松坂にも劣らないいやむしろ松坂以上に働いた岩隈!
若いのにがっちり押さえたまあくん!
ちょっと力みすぎだったけど、昨日今日と押さえてくれたダル!
みんなパリーグなんだなあ。なかなかテレビで見られないのが悲しいですね。

栗原が指名打者で今日試合に出られたことも、お、監督は良く見てるなってうれしくなったよ。
(ほら、栗原って代表28名にもれてももくもくと練習してたんだよね)

イチローはやっぱりイチローだった!
いつもシーズン初めは調子でないので、まさかこのまま終わりじゃないよねって心配だったけど、
だんだん尻上がりに調子が出てきて、きょうは痺れました!さすが!

竹内敏信さん

2009.01.08
お正月、風景写真家、竹内敏信さんの番組を見た。
竹内さんはご自身の写真データを写真とともに公表されている、写真家ではめずらしいタイプの方らしい。
写真集の他にもノウハウ本とかも出版していて、私のような写真素人にはおおいに参考になる方だ。

2007年に脳梗塞を患って、右半身不随という重いハンデを背負ってしまう。
話せない、動かないという状況の中から、やはり写真への意欲は忘れがたいものであったようで
仕事を減らされた奥様と懸命なリハビリの末、二人三脚での新たなスタートを切った。

医療用の杖をついてのたどたどしい歩みのなか、レリーズを切る瞬間の眼光の鋭さはやはり天性のものなのでしょう。
日没間際の写真を狙って車を走らせるとき、電柱が邪魔をしてベストポイントが見つからないいらだちを
助手に早く早くと急き立てる。
不自由な身体で、健康なときには立ち入っていける場所も諦めざるをえない無念。

趣味ではなくプロとしての姿には心うたれるものがある。
最盛期の写真よりは多少の見劣りもあるのかもしれません。
が、その出来栄えよりも、写真の中にプロとしての意地や、また生死を越えた言葉で表せない卓越したもの、
そんなものがにじみでるのではないでしょうか。


風林火山

2007.01.21
1月からNHKの大河ドラマ、”風林火山”が始まりました。
原作は井上 靖の同タイトルです。
今回のドラマはストーリーよりも、屋外撮影がそのまま甲斐の山々なのです。
これ、山好きにはたまりませんよ。
前回の”功名が辻”のときも、伊吹山に行った時、結構聞きなじんだ地名が駅にあって
おもしろかったのですが、
また、これから出てくるだろう北條との戦いの場は、自分が歩いた丹沢や道志の山々が
もしかして出てくるんじゃなかろうかと、密かにわくわくしています。

ホームアローン2

2006.12.15
先週は第1作目もやっていて、それは見逃してしまったが、
きのうテレビで久しぶりに”2”見ました。
うっかりしてて途中からだったけど、何度見てもおかしい。
まぬけな泥棒2人組もホテルの従業員もあまりにはまりすぎです。
次がどうなるかみえみえの演出なのに、判っていて子供とげらげら
声を出して笑ってしまった。
三男に「2度目でもおかしいねぇ」って言ったら
「え、初めて見たよ」だって
そうかあ、1度目に見たときは長男とげらげらだったんだ。
なんだか、時の流れを感じてしまった。

秀逸ははとおばさんです。単なるお笑いをクリスマスにふさわしいヒューマンなお話に
一機に盛り上げます。

アメリカ映画はアクションやホラーとかど派手なのはたくさんあるけれど
この映画とか、バックトゥザフューチャーとか、おかしくてほのぼのするのが
意外とアメリカっぽい感じがするよね。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.