日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

昼咲き月見草

2015.06.17
お山が空いちゃったのでお花の写真を
昼咲き月見草のまずは雨上がりの1枚、白地にピンクの花スジが浮かぶのが可憐です
蕾の時に萼片の赤が意外と目立ちます

IMG_0390-001.jpg

canon EOS7D タムロン90mmマクロ  1/200 F5.6 iso400

花を撮るということ、基本的には園芸種よりも、お山で誇らしげに咲いている自然の中の花が好き
だけれど、自分の身の回りに咲く花や、植物園、公園で人に管理されている花も、それは丹精されたスキのない美しさで
そちらの美しさもまた一つの頂点
昼咲き月見草は、いつもこの時期になると庭に咲いているので、普段あまりじっくりと向き合うことはありません
それでも、雨上がり、高曇りの日、晴天時とその時々の気象条件や時間、撮影方法、撮影条件を変えることにより
同じ花と思うほどその表情を変えます

露出の決め方によって、背景を明るくしたり暗くしたりすることができます
それは、微妙に測距点の位置を変えたり、被写体への光を調節したりです
また、背景の照りのある葉を使って、照り返しを利用して玉ボケを作ったりします

P6130864-003.jpg P6130869-002.jpg

オリンパス OM-D E-M5 キャノンEF50mmマクロ(レンズアダプター使用)  左1/160 右1/250 F3.5 iso200

アングルは花を撮るにあたって、とても重要です
下から煽って撮影すると、花が透けて明かりのような優しさになります

P6110635.jpg

オリンパス OM-D E-M5 キャノンEF50mmマクロ(レンズアダプター使用) 1/100 F3.5 iso320

上から覗き込むように撮影する場合はシベにピントを合わせます
雌しべにするか雄しべにするかは、そのときの花の状態で決めます

P6110620-002.jpg

オリンパス OM-D E-M5 キャノンEF50mmマクロ(レンズアダプター使用)  1/250 F3.5 iso200

トップの写真のように、雨粒は花びらにまたちがった印象を与えます
でも、昼咲き月見草は花びらが柔らかいのでここまではちょっとやり過ぎ

P6120784-001.jpg

オリンパス OM-D E-M5 キャノンEF50mmマクロ(レンズアダプター使用)  1/320 F3.5 iso200

花にはよくよく眺めると割りとよく虫がついています
蟻は筆頭、小さなカマキリ、蜘蛛、ハチ、蝶などです
花だけ撮りたい時はちょっとじゃまですが、逆手に取って、いっしょに撮ってしまう手もあります

IMG_0380-001.jpg

canon EOS7D タムロン90mmマクロ  1/125  F5.6 iso400

露出を+1補正して女子カメラっぽく撮るのもまたいいでしょ

P6110632-001.jpg

オリンパス OM-D E-M5 キャノンEF50mmマクロ(レンズアダプター使用)  1/320  F3.5 iso200
   Comment(2)   ↑Top

Comment

- hiro

またまた~うっとりするような写真ばかりですね~
ぜぜさんの写真を見ると、私ももう少し、いやいやかなり勉強しなくてはと思って見ています(毎回ね^^;)
まずは、基礎から・・・

私も一番下のような乙女写真撮りたいですわ^^
2015.06.18 Thu 13:12 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ hiroちゃん
どもどもです~
hiroちゃんの一眼でも花マクロモードで背景ぼかしたり、玉ボケ作れたりするから、
逆光にして挑戦してみて!
乙女写真はね、露出補正を+にしていけば、明るくなるから、女子カメラっぽく撮れるよ。
2015.06.18 Thu 17:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.