日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

佐渡の長旅4日目

2015.05.21
[4日目] 5/5(火) 

宿7:40~宿根木8:50/10:15~小木海岸10:25/10:50~11:25尾畑酒造~12:00両津港(駒ちゃん帰還)~
妙宣寺12:50/13:20~岩首棚田15:10/15:35~前浜海岸~両津港17:00/17:30~新潟港18:35


佐渡の旅もあっという間に最終日を迎える。今日は小佐渡を観光予定。
ああ、名残惜しいなあ。。。その気持が通じたのかどうか、さらに越後に留まることになろうとは。。。

P5051156-002.jpg
東海岸より金北山
昨晩のお宿も中々に古さが醸しだされて、3階までエレベーターなしの根性宿でした。
でも、やっぱりご飯がうまいので文句は言うまい。

レンタカーを走らせ宿根木に向かう。
もう、おバカナビが1本別の道を走っている癖は飲み込めたので、地図と通りを確認しながら早めに目的地に到着。
9時に落ち合う約束をしていたおJさんが到着、宿根木の集落を散策します。

江戸寛文期に廻船業の集落として発展し、「千石船と船大工の里」と紹介されています。
肩を寄せ合うように、石畳の狭い路地に板壁の家々が連なってとても風情があります。
国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されているそうで、独特の趣があります。
¥1000で3件の公開家屋と小木民族博物館に入れる入場券を買います。

P5050953.jpg P5050954-001.jpg

まずは廻船主だった清九郎の家、築200年だそうです。
隠し部屋みたいなのがあったり、二階は続きの座敷があったり、外には岩壁をくりぬいた天然の冷蔵庫もありました。

P5050966.jpg P5050971.jpg

旧郵便局をすぎ、JR東日本で吉永小百合がCMで出ていた、三角家は築150年。
この三角のところはトイレだったかな。

P5050976.jpg P5050980.jpg

続いては金子屋、船箪笥には隠し金庫があって、これはおJさんが教えてくれた。

P5050990-001.jpg P5051000.jpg

少し奥の方に歩くと宿根木公会堂、この日は鼓童の公演があるようで、ここでのリハーサルの太鼓の調べが伝わってきます。
そして、駒ちゃん曰く見つけたらすぐ通報の木製電信柱とあってはならない継ぎ足し柱。。。だそうです。さすが、駒ちゃん!
さらに宿根木白山神社

P5051016.jpg P5051015.jpg

P5051019.jpg P5051018.jpg

小川伝いに歩いて行った所が称光寺、鎌倉にあるような岩肌をくりぬいて造ったいわゆる「やぐら」と呼ばれる墓所がありました。

P5051033-001.jpg P5051029-001.jpg

ひと通り回ったところで海岸に出てみます。
きれいな入江は船を繋ぐ御影石でできた「船つなぎ」がありました。

P5051040-002.jpg

駒ちゃんが帰還する時間的にはもういっぱいいっぱいだけど、小木海岸を見ていかなきゃということで
駒ちゃんとの昼食時間は無くすことにします。
噴火と侵食を繰り返した海岸線は特異で海の色と相まって美しいものでした。

P5051048-002.jpg P5051055-001.jpg

さて、いよいよもって帰還時間が気がきではありません。
ナビを両津港に設定すると出港時間過ぎてるんですけど、うそ~
そこは、キャノンボールでいきますが、もう、おJさんのスポーツカーに軽のレンタカーが追いつくわけないじゃないですか~
でも、駒ちゃんが乗り遅れちゃいけないので、こちらも必死に食いついていきますよ。
裏道や細道を屈指して(怖え~)すごいあり得ない1h短縮です。

駒ちゃん悲願の酒蔵に寄ることもできましたん。
駒ちゃん試飲していいよ~って言ったら「もう、しちゃった~てへぺろ」と、さすが駒ちゃんですよ~
ガソリンも満タンにして、無事駒ちゃんを両津港に送り届け、一安心です。
ここで、レンタカーは返しておJさんの車に便乗させていただきます。
これが、恐怖の始まりとはこのときは知るよしもないのです。。。

P5051086-002.jpg P5051087.jpg

このあとは妙宣寺へ、そしてどうしても寄りたかった岩首の棚田をリクエストします。
「楽しい酒蔵めぐりをやめて、しいてキャノンボールなんですね」と不敵に笑みをこぼします。
え、え、何のことですが。。。いや、佐渡の海岸線、山道、死ねます。。。

P5051092-001.jpg P5051110-002.jpg

P5051112.jpg P5051116-001.jpg

ここから山間部の県道を越えて海岸線にでます。
赤泊の北雪酒造に寄る時間は厳しいので、後ろ髪を引かれながらも岩首に向かいます。
えっらい山道をスポーツカーフルスロットルやめて~怖い~こんなんヘアピンその車体で無理や~無理無理曲がれまへん。。。
をくりかえしながら、手に汗をかいて棚田の展望台に着きました。ぐったり。。。

P5051123-001.jpg

P5051143-002.jpg

棚田の展望はすばらしかった!
この写真で見えるもっとずうっとずうっと下から田は繋がっているんだよ。
海から空へ、高く高く田を切り開いていった先人の思いが一畝一畝にみなぎってる。
ほんとすごいよ、すごかった!

さあ、帰りのジェットフォイルの時間も刻々と迫っています。
おJさんのナビは棚田のその奥の山道へと誘います。ってかうそだろ。
だんだん、道はダートとなり草が茂りだした時点で、ここをあきらめます。ってか、最初から無理だから。。。
きた道をまた恐怖感満載な走りで戻ります。

やっと海岸線の県道です。。。
と、ほっとする間もなく県道は1車線となり、急峻な断崖をくねくねと進む、エキサイティングな道路です。
”センターラインは心の目で見ろ”が合言葉になって、やっとのことで両津港にたどり着きました。
途中、対岸に見えた山陰は弥彦山だったのでしょうか。
対岸へと心は飛び、この旅の終わりも近づきます。

P5051161-001.jpg

おみやげの酒も買って、無事に17:30のジェットフォイルの人となりました。おJさん観光案内どうもありがとうございました。
新潟に着き、これから夜行バスの発車時間まで約4h、しばらくあたりをうろつきますが
まあ、することもないので、自然に居酒屋に入って呑んだくれとなります。
発車まで1hを切ったので、そろそろバスの発着所に向かいます。
発車5分前、いくらなんでもバスが遅いので、それとなく案内の方に伺うと、willerの乗り場はここじゃないって

うそですよね。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

万代口バスターミナルは新潟交通の乗り場。。。willerの乗り場は万代口バス停って。。。。。そんな。。。。。。。。。。。。

説明聞いたって歩いていける距離でもないし、第一どっちに歩いたら駅かもわかんないです。おまけに発車時間過ぎました。
ミクシにつぶやいて、みんなからいろいろアドバイスもらったけど、
もう夢遊病者のように、通りに止まっていたタクシーを捕まえて

「バスに追いつけますか、乗り遅れちゃったんです」
「お客さん、無理ですよ。もう高速乗っちゃってますよ」
「なんとかなりませんか」
「無理ですね」

と、むなしい会話の後、じゃ泊まれる安いホテルにと案内してもらい、ほんとに安くてきれいなホテルに案内してもらった。
乗車拒否されてもいいくらいな距離だったけどホテルも見つけてくれたし、ほんとにありがたかった。
まさか、もう1日新潟ですごくとは思わなかった。翌日は1番の新幹線は混むこともなく東京駅に向かった。

***教訓***
・バス停はかならず確認してから酒飲もう










   Comment(12)   ↑Top

Comment

ありがとう - 駒子

いやぁ~!!
本当に楽しい&贅沢な旅でしたね♪
ぜぜさんには計画から切符の手配等々、本当にお世話になりました。
感謝感謝の旅でした。
お山も景色も最高でしたね。
おJさんに連れていって頂いたお寿司やさんも最高でした!
最後、ぜぜさんは大変でしたね。
バス停で唖然( ; ゜Д゜)としているぜぜさんの姿が思い浮かばれます!
私はちゃんと電車の乗り場確認して居酒屋(昼間っからね!)&スーパーでカンビールとおつまみちゃわと仕入れての帰郷のローカル線の旅でした。
3時半頃電車に乗って、11時少し前に我が町の駅に着いたけど、お尻が痛かったぁ~!!
お互いさいごまで思い出たっぷりな佐渡でしたね。
次回は私のプランで思いっきりまた楽しみましょう♪
2015.05.23 Sat 16:23 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆駒ちゃん
こちらこそ、駒ちゃんがいてくれて楽しさ倍増だったよ~
いままでひとリ旅が多かったけど、相棒がいるとまた違った楽しさでしたあ。
駒ちゃんのローカル線の帰郷もまたいいですね~
次回は駒ちゃんプランでお世話になります。見どころまだまだいっぱいだから、
その節はよろしくね~
2015.05.23 Sat 21:33 URL [ Edit ]

- 坂月沢蚊

楽しい長旅だったようですね。もう一泊できたし。
海も棚田も綺麗です。
佐渡は2回ほど行ってますがぜいぜいさんが行ったあたりは全然廻ってないし機会があればまた行きたいです。
2015.05.24 Sun 00:29 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆坂月沢蚊さん
佐渡というと坂月沢蚊さんはトライアスロンって感じかしらん?
それはともかく、自転車でまわるのもありですね。
車そんなに多くないですし、海岸線の風景はきれいですし。
もう1泊は。。。なんだかなあでした。。。
2015.05.24 Sun 06:33 URL [ Edit ]

長旅お疲れ様でした。 - SMJ-GNRL

ぜぜさま、駒さま
ほんとお疲れ様でした。
最後の最後でオチがある辺りは流石…。

是非次回は、宿泊場所を御相談下さい。
酒蔵巡り、お勧めですよ。
限られた時間の中だったので駆け足に
なりましたが、また懲りずに是非!
2015.05.25 Mon 19:27 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆おJさん
今回はほんとにありがとうございました。
次回はぜひかもめ荘に泊まりたいです。計画が固まったら早めに連絡しますので
またいろいろ教えて下さいね。
2015.05.25 Mon 21:19 URL [ Edit ]

- hiro

バス行っちゃうなんて。。じゃなくて、バス停が違うなんて・・もう、泣いちゃう。。
ぜぜさんの教訓で私もしっかり確認しようと思いました。はい。

佐渡の魅力、ちょっと覗いた感じがします。。
ぜぜさん的には一番のオススメはどこです?^^
2015.05.26 Tue 08:55 URL [ Edit ]

- ろび

さすが・・・
最後にオチを持ってくるあたり
フィーリングカップルで言えば5番目の席の出場者やね(爆
2015.05.26 Tue 12:39 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ hiroちゃん
今思い返してみれば、えみさん、ろびさんを巻き込まなくてよかったと思うよ。
万代口バスターミナルって名のバス停まであるから各社そこから出ているのかと大きな勘違いでした。
ほんと次回から気をつけよう。。。

佐渡は縦走路はもちろんだけど、外浦の奇岩の海岸線は見逃したところもあったからもっとじっくり見たいし
神社仏閣も中々興味深い所もあるので、まだ見きれていないのですよ~
それらにまた訪れたいなとも思ってます。

☆ろびさん
5番目の席は駒ちゃんだからね~
おJさんにも強烈な印象を与えたと思うよ。
それはともかくやっぱガックシなオチでしたわ。
人間、酒に溺れちゃいかん(チガ
2015.05.30 Sat 10:23 URL [ Edit ]

- 木曽駒

☆おJさま、お礼が遅くなりました。
 本当に!本当に!お世話になりました。
 おJさまが佐渡におられなければ、おいしいお魚にもお酒にも出えない悲しい佐渡旅になったことでしょう。
 次回の佐渡の旅、ぜひ相談にのってくださいね。
 泊りは、かもめ荘で決定です!!
 ぜぜさん共々、今後ともよろしくお願いいたします。

☆ぜぜさん。
>5番目の席は駒ちゃんだからね~
 って、今回の件で5番の席はお譲りいたします。
>おJさんにも強烈な印象を与えたと思うよ。
 まぁ、ぜぜさんの友人ということでご容赦を。。。。


次回の佐渡の旅、みんなでいけたらいいねぇ。
今からワクワクです。


2015.06.01 Mon 15:27 URL [ Edit ]

- cyu2

ぜぜさん、こんにちは。
すごい遅いコメントですいません。
私は佐渡で観光全くしてこなかったので、楽しく拝見させていただきました。
棚田の景色は見事ですね!次回もし行く機会があったら寄ってみたいと思いました。

そして・・・バス乗り遅れ事件・・・
面白かったです(笑)なんて言ったら怒られそうですが。
バス停ってありとあらゆるとこにありますよね。え?こんなとこが乗り場?
なんていうのも。
私もよくバスを使うのですが、バス停が見つからず大汗かいてダッシュ・・・なんていうのしょっちゅうなので嬉しくなりました(o^^o)

だいたい飲んでるから判断力も鈍るし、足も遅いし、ザックは重いし・・・
情景が目に浮かびました、なんだかお仲間がいたようで勝手に親近感(*^ω^人^ω^*)
2015.06.02 Tue 11:32 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆cyu2さん
佐渡はお山以外でも見どころいっぱいですよ~
棚田は上の展望台までいったんだけど、もう少し下のほうが、すごくいいアングルがあったんですよ~
ちょっと車が止められなくて残念。。。

バスはほんとにがっくりで。。。その後しばらく引きずってまして。。。
これからほんと気をつけようって思いましたよ。
ってか、一人になると信じられないミスは結構してるかも。。。
四国の時は、せっかく四国入りしたのに、逆方向の電車に乗ってしまいまして
また瀬戸大橋渡って岡山に行ってしまったといふ。。。
2015.06.05 Fri 12:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.