日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

深草観音

2012.12.11
2012.12.8(土) 
写真ブログ友のcondorさんのレポで昨年来気になっていた甲府の深草観音にやっと行く機会を得ました。
深草観音は、甲斐国観音霊場六番札所にもなっているそうです。

毎年恒例となった長野の友人宅への忘年会の前に、
山頂を踏まないハイキングに付き合ってくれるかhiroちゃんに尋ねると快く承諾してくれました。
k林さん、U太くんも合流してのわいわいハイキングとなりました。

P1140602-001.jpg
深草観音の野仏さんたち


登山・キャンプ ブログランキングへ

R20下り線のコンビニで待ち合わせ、ナビを春日居ゴルフクラブに設定。
中央本線の踏切を越え、R140の本線とバイバスを越えて山道を登って行くと、
春日居ゴルフクラブと兜山登山口との分岐に出合います。登山口の標識は小さいので注意して探しましょう。

分岐からは、車両幅しかない山道をぐいぐい登っていき、イノシシよけのゲートを進み、
左手にゴルフコースを見ながら、観音様のある橋を渡ると、公衆トイレのある兜山登山口の駐車場です。
ここまでの道すがらは、まだ名残の紅葉も木々に留まり最盛期にはさぞやと思わせます。

地形図で見ても、昭文社の(金峰山、甲武信)の地図でも、中々わかりづらく、
事前にcondorさんより道順を教わっていたので、大いに助かりました。

ほぼ核心部は終わったなあな登山口到着で、林道を登っていきます。
途中林道から左手登山口へと分かれていきます。
ちょうど、伐採の時期に入っているだろう植林帯は、伐採の準備中でしょうか。

岩堂峠の案内をすぎ小さな小川を渡ると、登山道はだらだらと峠を目指しながら登っていきます。
やがてうっすらと雪も付いてきて、
途中の木には、今まで見たどの熊のものよりも大きな爪痕がくっきりと木に刻まれていて、
4人で顔を見合わせて、ちょっと恐怖です。

P1140617.jpg
岩堂峠への道(帰路の写真です)

P1140553.jpg
岩堂峠

P1140616.jpg
峠を深草観音方面から

P1140554.jpg

曲輪跡かと思わせるような石垣の重なりもありました。

峠から15分ほど下っていくと、あたりの風景は一変して、地層の重なりもくっきりとした岩盤地帯です。

P1140560.jpg

この岩盤の中に守られるように、ひっそりと目的の深草観音のお堂があるはずです。
が、登山道からはその存在はまだ垣間見ることができません。

P1140567-001.jpg

岩峰を右に見やりながら下っていくと、目的の深草観音のかつての参道に到着です。
明らかに空気の違うひっそり感と、適度な寂れ感とが、岩盤に囲まれた中に独特の雰囲気を作ります。

P1140569-001.jpg


P1140574-001.jpg


P1140564-001.jpg


お堂までの道すがらは、時を刻んだ野仏さんが、本当に思い思いに佇んでいらして、
まるでくつろいでいるかのような、やさしくのんびりとしたなんとも言えないいいお顔なのですよ。

P1140598-002.jpg

岩を穿った中にも大事そうに祀られた野仏さんが、いらっしゃいました。
そして、この岩の上がいよいよお堂があるのです。

P1140581-001.jpg

condorさんにはぜひにと勧められましたがこの20mの鉄梯子、ほぼ垂直に立っていて、
頑丈ではありますがいかにも年季物、登るには相当の勇気がいりますって。
ここは右の巻き道から登ります。

P1140587.jpg

勇気あるk林さんとU太くんは、下りはここから下って行きました。
真ん中あたりがけっこう揺れるそうです。ってか、ここをまたぐのがやだ~

P1140583.jpg

巻き道の行き止まりはこんなトンネルがあって、ここをくぐると。。。

P1140589-001.jpg

なんと岩を穿ったお堂の中に出ます~
畳二畳分ほどの狭いお堂には、今は身代わりの3体の観音様が祀られていて、
ご本尊の岩堂観世音菩薩は、現在麓の瑞岩寺に安置され秘仏になっていて、33年に一度開帳するそうです。

P1140593.jpg

勇気のない私たちはまた巻き道を下って行きます。
こことて短いですが、写真で見るより急ですよ~

P1140614.jpg

岸壁にはたくましく横に根を張る松の姿が。。。
松の根って随分長く張るのだなと、ちょっと驚き。

P1140592-002.jpg

ここは地上からの高さも大分あって手掛かりもなさそうですが、
どうやってあそこまで野仏さんを運び込んだのだろうと、昔の人の執念にも感心します。
のんびりと散策しても3時間程ですが、中身は濃いです。

次回は要害山や兜山を絡めてまた、散策してみたいなあと。
   Comment(10)   ↑Top

Comment

- hiro

ぜぜさんが撮った野仏さん、やさしいお顔をしてますね。
あの場所は静かで、岩壁にはびっくりしました。
最近、こういう雰囲気の場所も好きなんですよね。
一つ一つの歴史をじっくり調べたくなるんです。
ご一緒出来てよかったです!ありがとうございます^^

あたし、ルンルンで歩いてるし^^;
2012.12.11 Tue 23:59 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hiroちゃん
深草観音いいとこだったね~
私もこんな歴史を感じる山歩きは楽しいなあと。
兜山の方は、風が随分強そうだったから静かな山裾歩きでよかったよね。

hiroちゃん、終始ニコニコだったね~
2012.12.12 Wed 09:27 URL [ Edit ]

なかなか良かったです。 - K林@一休み

何というか、暗く朽ち果てたような場所に苔にまみれた野仏が何体も突然現れる感じが良かったですね。 武田に纏わる場所となれば一層…

> 勇気あるk林さんとU太くんは...
ま、私とU太だけだったらどうだったかわからないですけど…ほら美女が2人もいたらそりゃ頑張りますよ。 (^.^)
2012.12.12 Wed 12:32 URL [ Edit ]

- ろび

わぁーーーーー
私大好物ですって こういうところ。
ぜったーい 師匠ひっぱって行こうっと。
要害山~深草観音~兜山~棚山 ってコースで
歩けば なかなかのコースになりますしね。
いや そんな歩かんでも十分やけど。

そっか、ちょっとその周辺わかりづらいのですね。
行くときは このレポで予習っす。
楽しいとこみっけてくれてありがとー
2012.12.12 Wed 12:50 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆k林さん
隠れた名所って感じでしたね~
k林さん親子のかっこいい姿はもう脳裏に焼き付いてますからね~

で、要害山は信玄誕生の地のようなので、ぜひとも行ってくださいね~

☆ろびさん
お山をからめればさらに充実だよ~
要害温泉に立ち寄れば、温泉に駐車できるらしいので、
そっちから行く手もあるね。
あと、武田神社も近いから、う~ん楽しめそう!

ここに兜山からのルートが詳しく載っていたよ。
地形図にも昭文社地図にも載っていないルート(はっきりしてるみたい)で、周回できるのもうれしいね。

http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/yamanasi/invitation/pdf/map.pdf

2012.12.12 Wed 14:14 URL [ Edit ]

- 坂月沢蚊

随分と趣のあるところですね。
いつもの沢のレポもいいけど、こういうところも良さそうですね。
2012.12.12 Wed 21:19 URL [ Edit ]

- ロビ

わぁーい いいルート案内
みっけてれくれたのね。
お正月のまったり歩きにいいかもー あんがと^^
2012.12.12 Wed 21:50 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆坂月沢蚊さん
この位行動と気持ちに振幅があったほうが、楽しいでしょう~
気持ちがおだやかになりますね。

☆ろびさん
どういたまして~行ってみそ~
2012.12.12 Wed 23:00 URL [ Edit ]

こんばんは^^ - condor

行ってきたんですね。深草観音。
癒しのパワースポットは同行の皆さんにも評判良かったようですね^^
いたるところに私の名前が出てきて、鼻高々でしたよ( ̄^ ̄)
20mの垂直梯子は恐怖この上ないですよね(笑
10枚目の石仏さん。なんとも安らぐ表情です。
レポも親切で流石はぜいぜいさんです☆
2012.12.12 Wed 23:42 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆condorさん
いろいろと詳しく教えていただいて、ほんとにほんとに感謝です。
自力では、たぶんたどりつけなかったかも。
condorさんの写真から、すごいパワーをもらったので、絶対に行ってみたいなあと、
願いが叶いました。
ここの野仏さん、ほんとに心安らぐお顔でした。
condorさんが何度も足を運びたくなるのがわかりますね。
私もぜったいまた行きますよ。
2012.12.13 Thu 09:36 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.