日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

九州旅行7日目、熊本からそして羽田

2012.06.25
2011.6.9(土) /

かんぽの宿阿蘇では、朝風呂に浸かって極楽極楽
バイキング形式の朝食は、おいしい阿蘇の牛乳が飲み放題でうれしい。
九州ならではなのかな、さつま揚げとか、湯葉の湯豆腐風とか、高菜の炒め物、ひじきの煮物、野菜の和え物
和食はヘルシーなメニューが多い。
洋食は、フルーツ、ベーコン、サラダ、スープ、フルーツジュース、ヨーグルト,コーヒーなど、
などまあ、ごっちゃに食べてる人が大半です(お前もな)。
ちゃんとした旅館は10年以上泊まったことがなかったので、旅館て豪勢だなあとご満悦。
宿の車で最寄駅に送ってもらえるのも、ここを選んだ理由のひとつ。
少しでも交通費浮かせたいですから。

熊本空港に直接向かわず、九州横断バスで熊本市内に向かいます。
時間的にもそんなにないので、じっくりと熊本城だけ観光することにしていました。

城内はとても広くて、熊本に着く頃には雨も上がって、ぐんぐん気温が上昇。
汗をかきかき、見学です。

P1100357.jpg

櫨方門(はぜかたもん)から歩いていく最初の石垣、クリックで大きくなります

P1100364.jpg


P1100373.jpg

宇土櫓からの熊本城

P1100394-002.jpg

豪華な本丸御殿大広間の屏風絵

熊本城はS35年に再建、本丸御殿大広間はH20年に復元されたものですが、
重要文化財である宇土櫓は創建当時のものだそうで、なかなかの風格でした。

P1100399.jpg

一周りして涼やかなお庭で終了です。

熊本での目的はもうひとつ、本場熊本ラーメンを食すことです。
地図も持っていないけど、本場だものどこにでもあるだろうと、熊本交通バスセンターからお城と反対方向に歩きだします。
なんとなくにぎやかなアーケードがあったのでこちらの通りに入ります。
なんか焼肉屋さんとカレー屋さんとまさかの長崎ちゃんぽんのお店とか、ファーストフード店ばっかり。

「熊本ラーメン出てこい。。。」と、むなしく歩きまわりますが、あれ~
次のいかがわしい通りに入って、なんか帰れるのかともう一度通りを曲がると、ありました~
ちょっと名前は忘れちゃったけど、なんとか本店って書いてあったから、そこそこ名の知れたお店なのかな。
普通の熊本ラーメンを頼みます。
出てくるまで回りのお客さんのラーメンを見ると、ラーメンに鳥の空揚げがのっていたり、
おにぎりといっしょに食べたり、何よりふりかけが各テーブルにあるのにはちょっとびっくりだった。

ラーメンはスープはコッテリ系で麺は非常に硬め、
本場物がいただけて、こちらのラーメン屋さんの雰囲気も伝わって満足でした。

さて帰れるのかなときた道とは反対に進んで、大通りに出たら、なんと目の前が熊本交通バスセンターだった。。。

空港へのリムジンバスに乗って熊本空港では着便が遅れています。
しばらく待って無事搭乗。

空からの風景を楽しむ余裕もありました。

P1100429-001.jpg

ふじさ~ん

P1100444-001.jpg

10000m上空はお天気いいですが、雲海の下は雨なのです。

P1100449-001.jpg

雲海に向かって日没していく様子

P1100452-001.jpg

そして飛行機も雲海の下に突入します。

P1100458.jpg

下界は結構激しい雨でした。飛行機が遅れた関係で、空港の搭乗口でなく直に空港に降りられてちょっぴりうれしい。
なんといっても次々に飛び立つために滑走路に入っていく飛行機を直に見ることができた。

P1100460.jpg

ボーイング社の最新鋭機だね。

こうして思い出深い1週間の旅も終わりを告げました。
長いようで短かった1週間でしたが、何気なく使っていた小物入れにひらがなで書いた子供の名前があったり
そんなのを見ていたら、ちょっと里心も付いたりでしたが、
カオスの台所にまたまた現実の日常も始まっていきました。
家族のみんなには留守中ありがとうと、また相方には自由な旅行時間をどうもありがとうと感謝でいっぱいです。

Comment

- 食う寝るさんだ~す

いや~濃い旅でしたね!
今日通しで七日間の壮大なレポを見れましたよ。
見事にミヤマキリシマも当てちゃうし、すごいいい旅だったのが伝わってきました(*´∀`*)
えがったね~!一人テンバは寂しくなかったですか?
オイラなら泣いちゃうな(笑
なんにしても、すんばらしい旅だったっすね。
次回は、相方さんとですな。
2012.06.25 Mon 23:08 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆食う寝るさん
一人テント、どんなにさみしいかなって、どきどきだったんだけど
いざ体験してみると、この一人の気楽さがくせになりそうなほど楽しかったの。
かえって一人だと、周りの人のあたたかさとかが余計身にしみるんだなあと感じたよ。
また、一人旅、できたらやってみたいなあ。次回は相方?やだ~もったいない、一人よ~もち。
2012.06.25 Mon 23:47 URL [ Edit ]

おはようございます^^ - condor

熊本城は城を知り尽くした、加藤清正の傑作といわれてますね。
この城はぜひ見てみたい城の1つです。
場内の写真は心そそられるものがあります☆
そして、帰路ですね。1人での山行も開放感ありますが、自宅の安らぎが1番でしょうね。
お天気には翻弄され気味でしたが、見せ場ではいい天気で、素晴らしい思い出となったのではないでしょうか。
ミヤマキリシマのピンクの絨毯は私の頭にも残っています^^
お疲れ様でした^^またいつの日にか、ですね。
2012.06.30 Sat 08:17 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆condorさん
熊本城は城内がとても広くて、そのスケールを歩いて感じるのもすばらしく感じました。
ボランティアの方々も感じがよく、みなに愛されているお城なんだなあと。

初めての一人旅は心細い反面、しがらみから解き放たれる、なんとも言えない開放感も味わいました。
そして、家族のありがたみ、いとおしさもまた再確認しました。
また、いつか、です、ほんとに。。。
2012.07.01 Sun 11:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/746-d2cb7223
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.