日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

八ヶ岳、雪の天狗岳

2012.03.22
2012.3.20(火)

相方の執念か、やはり諏訪大社下社さんの霊験あらたかなのか

20日はついについに、晴天ゲットですう。。。(泣

う~実に37日ぶりの休日晴天です。

IMGP0966-001.jpg

西天狗岳からの東天狗岳


登山・キャンプ ブログランキングへ
ぽちっとよろしく

朝ぼらけの時、久し振りの休日の太陽に、「ま、まぶしい!」と大げさにリアクション。
高速から眺める甲斐駒さんも八ヶ岳も右も左も前も後ろも太陽に照らされた山々がひときわ輝いて、口元はほころびっぱなしです。

今年の黒斑山から始まって、瑞牆山、金峰山、蓼科山と雪山の回を重ねていき、天狗岳に登るタイミングを図っていました。
が、休日の晴天に見放されて、なかなかチャンスがめぐってきません。
もはや、ぜいぜいと言えばガス山、ガス山と言ったらぜいぜいと、切っても切れないご縁、
いいえ生活そのものと言ってもいいくらい強力に結びついてしまい、
相方からは「縁起悪いからガス子とブログに書くな」と言われる始末。

が、そんな生活にも終止符です。見事な晴れっぷりです。

高まる気持を押さえようもなく、
渋の湯の渋御殿湯の駐車場にたどり着きます(おばちゃんが飛んでくる前に先に駐車場の受付をしましょうね^^;)
駐車場の入りは7時の時点で半分位下山時でほぼ満車でした。
1000円を支払い、支度をして出発です。

沢沿いをちょっと登った先に登山届のポストがあり、橋を渡って尾根に取り付きます。
相方がアイスバーンをノーアイゼンですたすた行ってしまいますが、ここが一番核心部なんだってば。。。
相方に置いて行かれても、ここはアイゼン装着です。

急登を一登りで尾根が少しゆるんできたところを延々とトラバースです。
よく踏まれており、キュッキュッとしまった雪はとても歩きやすく、いい時期に登れて感謝感謝です。

P1080169.jpg

すべての画像はクリックで大きくなります

この一条の光がきょうの前途を祝福しているようではありませんか。
カラマツ林からシラビソやコメツガの自然林の中に入ると、登山道の周りは、雪がこんもりと積もって、
それがお日様に照らされて、きらきらと輝いています。このキラキラをどれほど待ち望んだことでしょう。

八方台、唐沢鉱泉の分岐を右手に見やって、黒百合平まで緩やかに登って行きます。
相方は相変わらずずんずん先に行ってしまうので、一人とぼとぼと歩いていきますが
ペースが合わないのでいたしかたありません。この一人歩きの時間は結構好きなので、お互いの時間でしょうか。

IMGP0927-001.jpg

今日のここの気温は-4℃暖かです

そこそこの時間で黒百合平に到着しますが、ご~ご~という風の音にひるんで、「やっぱり、相方だけで行っておいでよ」と言うと
モーレツに怒られます。「こんな絶好のチャンスはないから、何言ってるの」と。
しばし黒百合平でどうするかもんもんとしますが、意を決して出発します。
ぜいぜいを先に、相方が後ろにくっついて、ぜいぜいのペースにつき合って登ってくれます。
中山峠を越えた少し先で、東天狗と西天狗の全貌が現れます。

P1080178.jpg

森林限界を超えると、いよいよ東天狗への斜面が始まり、目の前には雪の壁が現れます。

P1080181-001.jpg

P1080228-001.jpg

風の強さにひるみますが、この位じゃおとなしい方だと相方、一喝です(怖

高度を上げていくと、まず後方に浅間山が見えてくるようになります。
さらに上げると、蓼科山、車山の後方に北ア、そして赤岳、中岳、阿弥陀岳の揃い踏みも前方から飛び込んできます。

IMGP0952.jpg

ここは山頂直下の岩場です。鎖は雪の下でした。 
ぜいぜい流、ピッケル、ストック両刀使いの図。。。これ結構、楽なんです。

P1080188-001.jpg

前方の岩場の先が東天狗岳山頂です。もうすぐ、がんば!

IMGP0954.jpg

最後の岩場をトラバースすれば山頂はすぐそこです。トラバースが嫌いなので、ここは慎重に行きます。

IMGP0961.jpg

ついに山頂にたどり着きました。ぐずぐずとひるんだ自分がバカみたいにすばらしい山頂でした。
ぐるりの360度の展望にただただ感激です。

P1080192-001.jpg

赤岳、中岳、阿弥陀岳揃い踏み

P1080195-001.jpg

右から仙丈岳、甲斐駒岳、北岳だよね。。。

P1080198-001.jpg

蓼科山と北八

P1080199-001.jpg

霧ヶ峰、美ヶ原の先に北アの大展望、乗鞍岳から白馬岳まで全部見渡せた

P1080207-001.jpg

硫黄岳の爆裂火口

P1080180-002.jpg

浅間山

穏やかに写っていますが、実際は風でファインダーの絵がよく見えず、液晶ははじっこにすぐさま霜がついてしまう状況でした。
山頂の展望を充分に楽しんで、相方は西天狗岳(2645.8m)を目指します。
私はゆっくりとお先に下ることにしました。

P1080214-001.jpg

P1080203-001.jpg

一際白く輝く山頂を目指す相方はみるみる小さくなっていきます。
しばらくその歩みをぼおっと眺めます。
初めは山腹のトレースを行こうとしましたが潜るため止め、左寄りのラインから行ったようです。
途中に少し風で飛ばされたところがあって、ちょっと悩んだということです。

私達が一番最後かななんていいながら登って行きましたが、下るうちにも、あとからあとから登って来る人にすれ違いました。
こんなにいいお天気だものね。

前後して登った方たちも黒百合平で休んでいました。
と、あっという間に相方も下ってきました。
ゆっくりと休みながら、本当にきょうは登ってよかったと、じわじわうれしいです。
相方には「お前はちょっと厳しく尻をたたかないとだめだな」なんて言われてしまいますが、
その通りなので、返す言葉もありません。

黒百合平からの長いゆるゆる道をまた下山して終了でした。
途中すれ違った初老のご夫婦から、「きょうはよかったですね」と言葉をかけられ、ますますうれしくなりました。

帰りはいつもの縄文の湯(400円)で汗を流しました。
お湯がぬるぬるで気持よかったのですが、熱くてじっくりつかれませんでした。
おばちゃんがすてき?な渋御殿湯も足元から湧いてくる素晴らしい自噴のお湯があるそうですが、日帰り客は入れないそうです。
その温泉目当てに泊まってみたい気もします。

***コースタイム***
自宅3:25~渋御殿湯P6:50/7:10~黒百合平9:20/9:40~東天狗岳11:00~西天狗岳11:15/11:20~
東天狗岳11:35~黒百合平12:05/12:20~渋御殿湯P13:35

Comment

- 臆崖道

登頂おめでとうございます。ついでにお誕生日もおめでとうございます。

私が言うのもなんですが、沢より雪山の方が安全だよ。
2012.03.22 Thu 22:18 URL [ Edit ]

- ろび

「こんな絶好のチャンスはないから、何言ってるの」
「お前はちょっと厳しく尻をたたかないとだめだな」

あぁぁ 素敵なセリフ 愛情を感じるな~
(また タッキーの株が上がったなり)

いい天気に恵まれてよかったねー
これは諏訪大社さまさまか 二人の日頃の行いか
天狗は西と東 案外距離あるように見えても行ったら近い気がします。
ついでにそこもいっとけば良かったのにぃ
雪山に挑んだ後に ぽっかぽかの黒百合で休む時間
すんごーく満ち足りて幸せだったでしょうね。
おめでと~ 
2012.03.22 Thu 22:28 URL [ Edit ]

- blp

ついに晴天ゲットですね すばらしい景色です
冬は私には無理ですが、適度に標高がありアクセスの比較的よい八ヶ岳はありがたい山です。
渋御殿湯は子供が小さい頃一度行ったことがあります、登山ではなかったのが残念です。
自噴の湯は記憶にありません、新しいのかな
2012.03.22 Thu 23:19 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆おくがけちゃん
たしかに雪面が安定してそんなに岩岩していなければ、沢よりははるかに安全と思いました。
あとは天気だよね~その見極めが難しかったりします。
おくがけちゃんくらいお天気をよく研究しているからこそで、うちはまだまだ未熟者ですから。

☆ろびはん
相方は厳しすぎだよ。一緒に登らないと、もう連れてこないとか、怖いんだし。
でも、登れてよかったんだけど。
西天狗ね~時間はかからないけど、風にびびってやめちゃったの。
あんまり雪はしまってなさそうだったし。
やっぱ黒百合平でぬくぬくが一番ですわ~

☆blpさん
赤岳はまだ怖いかなと思うんですが、北八の雪山ならなんとか、うちでもいいかなって感じでした。
自噴の湯は昔からあったみたいですよ。源泉の上に浴槽があって、足もとからポコポコ湧いているそうです。
唐沢鉱泉は子供とうちも泊まったんですよ。こちらは料理のボリュームがすごくて、
温泉はやっぱ印象に残ってなかったです(爆
2012.03.23 Fri 12:30 URL [ Edit ]

- hiro

あれ~???晴れてる?
ブログ訪問先を間違えた?あたし?^^;

よかったですねー!ぜぜさん!満足感が凄く伝わってきました!晴れですもんね~。もう、ガス子なんて言わせない(あ、、ここに書いちゃいけなかったね^^;)晴れ子ですね。

>ピッケル、ストック両刀使いの図
へ~、、楽なんだ~。。。
2012.03.23 Fri 15:45 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hiro ちゃん
やっと晴天ゲットだよ~もうるうるです。やっぱ晴れたお山は最高だね~

ほんとは、ダブルストックが一番楽だと思うんだけど、やっぱ傾斜がある雪道だと危ないもんね~
2012.03.23 Fri 18:47 URL [ Edit ]

土佐の山間から祝砲を!! - 河童

 お誕生日登頂(?)おめでとうございます!
四国は週末毎の雨降りで
雪に関しては少々欲求不満なシーズンでした(涙々

 浅間山かぁ~懐かしいなぁ~。
でも四国からは遠すぎまつ・・・・(T_T)
2012.03.25 Sun 05:12 URL [ Edit ]

やっぱり - 岐阜ぺんぎん

青空に白い雲

景色も最高ですね

フィールドに出て無い
体調不良から復活間近って感じなので 歩きたいです
が、霙が降っています

どんより寒い
2012.03.25 Sun 10:27 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆河童ちゃん
少々日がずれましたがお誕生日のいいプレゼントな登頂になったよ。
3月はすっきりしない週末ばかりで、なんだか不本意な月でしたね。
これからお花や新緑の季節が楽しみだね。

☆岐阜ぺんぎんさん
すっきリしない天気は気持も上向きになりませんね。
私もあんまり上向きじゃなくて、いつも相方にお尻を叩かれてです。
暖かな春が待ち遠しいですね。
2012.03.25 Sun 20:25 URL [ Edit ]

こんばんは^^ - condor

雪山の神々しい景色を堪能できました。素晴らしいです!
写真が抜群に良いので、登山記のグレードも高いですね^^
白と青のコントラストの1枚目も、光が差す2枚目も、力が入る7枚目も、
3,000mの共演の12枚目も、憧れの硫黄岳の爆裂火口の15枚目も・・・と挙
げるとキリがなさそうです^^;
その中でも1番しびれたのは17枚目です。
トレースのない雪原に雪山の気高さを感じます。
雪山の魅力が満載で、ぜいぜいさんの感動も伝わりました^^
いつか私もこういう写真を撮ってみたいです☆
また長文になってしまいました。ごめんなさい^^;
2012.03.25 Sun 20:29 URL [ Edit ]

晴天ゲット、よかったですね☆ - まゆ太

うわぁ。すばらしい展望。
晴天に恵まれない日々が続いてると余計にこの展望はうれしいですよね。わかるな~

風の音でびびっちゃうの、よくわかります。
わたしも強風が超苦手(汗)
雪ないときでもなえちゃいますもん。
でも、行ってみると、耐えられないほどでなかったりはして・・・。そんなときは、相方の強い押しに感謝☆だったりします(笑)←都合のよい人
ぜぜさんも、がんばって山頂まで行ってよかったですね^^
2012.03.26 Mon 07:24 URL [ Edit ]

あっ、書き忘れた(汗) - まゆ太

ぜぜさん、お誕生日おめでと~
同じ3月生まれでしたもんね。
わたしも今日でまたひとつ大人になってしまいました・・・。
2012.03.26 Mon 07:26 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆condor さん
もう、ほめすぎですやん。。。でも、素直にうれしいです。
雪山のすばらしく雄大な風景は、ほんとに絵になりますね。
そのタイミングにいることのできる幸運に感謝です。
17枚目、ほめていただいてうれしいです。自分でも渾身の(笑)1枚なんです。
一番最後が相方なんですが、前の3人がうまく入るように
粘った1枚だったので、いいポジションに撮れてよかったです。

☆まゆぴょん
お誕生日おめでとう!お互いにまたひとつだね~
雪の天狗は相方が「今年ぜひ登りたい」お山だったので、
相方がとても感動しているのを隣で感じることができたこともよかったです。
ただ、「来年は雪の赤岳」とか言われたら、ほんとやだなあ。。。
2012.03.26 Mon 09:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/719-b5a2626b
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.