日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

2011.10.9 米子沢

2011.10.12
IMGP0656.jpg
画像をクリックするとウェブアルバムにリンクします


焦がれて焦がれて(相方が)やっと念願の米子沢に行って来ました。
思いおこせば2009年、雨に阻まれ入渓地点で断念。
翌年も雨予報で東北に転進。
そして今年、7月末の豪雨で米子沢で大規模な土砂崩れの記事と、8月の台風12号、9月の台風15号とのダブルパンチで
あ~今年も米子沢はだめなのかと、本当に己の不運を嘆く(相方が

意気消沈のところだったけど(相方が)、9月の台風後、入渓しているレポがweb上にちらほらと…
9月の豪雨も酷かったので、ほんとうはかなり不安があったけど、
不幸中の幸いというのか、7月の豪雨で沢に堆積していた土砂が9月の豪雨で流されたようなのです。
実際、岳人の記事に載っていたような、大規模な土砂の堆積は影も形もなくなっていて、
美しいスラブの滝は健在でした。

さあ、10月連休は予報では晴天とそこそこの気温を約束されて、3年越しの願いが(相方の)叶うというものです。

前夜、20時前に自宅を出ることが出来たので、今回は相模湖ICから乗って圏央道、関越とのルートで行こうという計画です。
伊勢原からもうすぐ宮ヶ瀬湖という所で、相方の衝撃の一言

「メット忘れた。。。」

なんと。。。メットは沢屋の命、これを忘れるとは言語道断、空前絶後、あんぽんたんのあほんだれ。。。

5秒ほど逡巡して引き返すことにします。
相方はこの時点で、今年も米子は我を見捨てたもう。。。と、がっくりとうなだれますが、
ぜいぜいの「なんのこれしき」。。。と言うありがたいお言葉で、無駄に82km運転して仕切りなおしです。
22:15、再度自宅を出ます。
次は下道をのろのろ行けないので、東名に乗っていつものように練馬から関越です。
飛ばしに飛ばして、翌1:15思ったより早く塩沢石打SAに辿りつけました。

4:45起床、ぐっすり眠れたので気分は上々です。
5:30にICを出て桜坂駐車場を目指します。
台風で土砂は清水の集落まで来たようで、R291号は所々に災害の爪痕が。。。
この夏の災害は日本全国にもたらされて、東日本大震災の後さらにダブルパンチの様相です。

6:00桜坂駐車場に到着です。この時間でもう駐車場は満杯、下の民宿あたりにも大型バスが停まっていたので
今日の巻機山は大賑わいでしょう。

6:10トイレを借りて出発です。米子沢左岸の林道を登って2つ目の分岐から沢に下って行くと、丁度スリットのある堰堤です。
ゴーロ全体を隠してしまうほど高い位置に、豪雨時に洗い流された跡が生々しく刻まれています。
不安定な浮き石が多く確認しながらの歩きでした。
7:05林道歩きを経てゴーロ歩きで55分、そろそろ水が多くなったあたりで沢装備をします。
と、後ろからブログで見覚えのある「山で会えたら」さんの御一行様です。
密かに覗いていたのですが、一瞬で打ち解けて、それから前後して遡行を始めます。

やがてくの字のナメ滝が現れると、ここからはスラブ地帯が始まります。

IMG_2793-1.jpg

適度な傾斜のスラブ滝が三段40m大滝の巻きをはさんで続いていきます。

IMG_2801-1.jpg

沢は開けていて、滝のスケールは大きく、上部の大ナメ帯も美しいですが、この下部のスラブ帯が結構私は好みでした。
いくつかの滝場を快適に登って行けます。
土砂で一時は埋まったという、スダレの滝前後ですが、左岸から押し出しの跡は生々しくありましたが、
滝場はすっきりときれいでした。

IMG_2841-1.jpg

いよいよ相方がハッスルしちゃうゴルジュ帯に入ります。
ここで、トポの呪縛に取りつかれてしまいす。
入口の5mの滝は登れないので、左岸を高巻いてルンゼで懸垂下降をするという記述を信じて、延々踏み跡を高巻いてしまいます。
この高巻きでは、大ナメ帯入口まで巻いてしまったとか、国境稜線まで巻いて、巻機山までヤブ漕ぎしたとか
多くの武勇伝をwebで見ていたので、気をつけていたのですが、それらしい降り口はついにわかりませんでした。
そして、行けども行けどもルンゼはありません。踏み跡は消え、先行者が戻ってきます。
見晴らしのいいところまで出ると、目の前にゴルジュ出口の7m滝ではありませんか。
さすがにおかしいので戻ります。目星をつけたあたりで細いスリングを見つけ、ここが懸垂場所かと下を覗き込みますが
私にはこんな垂直な懸垂下降は怖くて無理。。。

SANY0160-1.jpg

前方の滝には、千葉の美人奥さんご夫妻がまさに取り付く所で、「滝の落口に降りて右岸に渡るのだ」と教えてくれました。
まさに天の助け。。。
指示通り、体フリクションでズルズルと滑り落ちながら、なんとか落ち口に降りられました。

SANY0158a.jpg
クリックOK

ゴルジュ内は自分の目でたどれば自然にルートは見いだせます。

IMG_2861-1.jpg

千葉の美人奥さんご夫妻のご主人が「普段、沢で人に会うのはやだけど、大きな沢で人に会うと安心する」
みたいなニュアンスで言っていたけど、同感です。
大きな沢の中ではあまりに自然のスケールが大きくて、ちっぽけな自分は押しつぶされそうになります。
そんな時人に出会うと、ほっとし、そして共に自然に向かう力も湧いてきます。

ゴルジュを抜けるといよいよ大ナメ地帯の始まりです。
ナメから青空に向かう遮るもののない空間と、斜面を織りなす紅葉や草紅葉は、言葉や写真では尽くせない美しさで
米子沢の素晴らしさの真髄はまさにここなのでしょう。

IMG_2888-1.jpg

標高差1070mの沢、このナメがいつまでも続いて欲しい、でももうそろそろ疲れてもきました。
12:05ナメの途中で大休止します。沢で知り合った人達も思い思いに休憩です。
こんな素敵な空間をちゃっちゃっと歩いて通り過ぎてしまうのは、本当にもったいないです。
こんな特異な風景の中に身を置くことなどそうはないことで、まして3年越しに願いが叶ったのですから
思い切りこの自然の中に浸ります。

休憩後、いよいよフィナーレに向かって進んで行きます。
もう終わりかなと思っていたのに、ちょっと小難しい滝場がまだまだ現れたりして、楽しませてくれます。
奥の二俣を過ぎれば、いよいよ小川の風情となって、最後までこの沢は形を変え美しさはそのままです。

IMG_2933-1.jpg

いよいよ水流が細くなった左手が台地状のところが、水場となっていて、この遡行も終わりとなります。
13:40沢装備を解除します。千葉の美人奥さんご夫妻とひととき話し込んで長い沢遡行の余韻に浸りました。
左手の藪の中の踏み跡からすぐに開けた場所から避難小屋でした。
もう遅い時間なので避難小屋界隈は登山者もまばらです。「山で会えたら」さんも、こちらでしばし休憩中です。
14:15名残り惜しくも出発です。

IMGP0684-1.jpg

巻機は紅葉も草紅葉も今が盛りでした。
重荷では自信がなかったので軽荷での沢遡行でしたが、できたら避難小屋に泊まりたかったなあ。
そうしていつまでも沢の余韻に浸っていたかった。

井戸尾根の紅葉もそれはすばらしいものだった。もう足がガクガクでほんとに痛くて辛かったけど、
この紅葉に慰められました。

IMGP0695-1.jpg

17:25駐車場着。きつかった。。。
二日目は大源太山に登ろうなんて言っていたけれど、無理。。。もう筋肉痛出ているし、翌日も朝からすごい筋肉痛だった。

米子沢は初級の沢というふれこみですが、決してたやすくはないです。
ザイルを出したいような所がありますが、実際は確保点がなく、お助け紐やスリングで気休めな確保しかできません。
2年前、雨でやむ無く断念しましたが、それは山の神様が「お前たちの実力ではまだ無理だよ」と示してくれたに違いありません。
白毛門沢やナルミズ沢がほぼ同程度のランクですが、はるかに難しいと思います。
沢を初めて4年、ここまで登れるようにやっと自分もなれたのかな。。。あくまでも相方の助けがあってこそですが。

温泉はR291号沿いの「金城の里」です。かすかに硫黄の香りのする源泉掛け流しのすべすべのお湯でした。
シャンプー、ボディソープ、ドライヤーがあって320円は破格のお値段です。いいとこ見つけちゃった。

人気ブログランキングへ
美しい紅葉にぽちっとな

Comment

- まきくま

いいレポだなあ。
ぜぜさん、タッキー、米子沢無事遡行、おめでとうございます。
深くて、熱い思いが伝わりました。
はあ、山いきて~
2011.10.13 Thu 00:03 URL [ Edit ]

- ろび

おめでとう。 やっとですねー
タッキーの狂喜乱舞する姿が目に浮かびます(笑

それにしても、台風後の沢崩れの噂の上に
メット忘れの苦難も乗り越え大したもんですねー
「なんのこれしき」が女性の真の強さと懐のデカサを感じさせます。
大ナメ地帯の素晴らしさ。
私も経験を積んで 是非行きたい。
んで 紅葉の巻機が待っててくれるなんてデキスギやねん
2011.10.13 Thu 07:51 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆まっきー
自分は最近怖いとこやなんだけど、どうしても行きて~っていう執念に似た感情は伝染しちゃうんだねぇ
評判通りのすばらしい沢でした。
そしてやっぱり越後のお山はいいね~

☆ろびこっち
メットを忘れた時点で相方は丹沢かあって思ったようでした(爆
上越の沢って夏だとまだ雪渓が残ってるし10月はへたすると初雪とかで、入渓チャンスが意外と短いんだよね。台風も多いし、今回は千載一遇のチャンスだったので、頑張っちゃいました。
巻機山、ほんとにきれいなお山だよね。まだ2度目だけど、何度も来たいお山だなあ。
ろびこっちも経験積んで、いつかいつか行ってみてね。あ、ナルミズ沢もいいよ。

2011.10.13 Thu 10:54 URL [ Edit ]

お世話になりました。 - 山で会えたら

最高のタイミングで遡行できましたね!やりました~!バンザ~イ!
7月豪雨で悲惨な状況というレポを見ていたので、下部はダメかと思っていましたが、9月の台風で奇麗になっていたのか…なるほど納得です。

筋肉痛のおみやげもたっぷりありました。
また、どこかの沢でお会いできる日まで、ごきげんよう。

2011.10.14 Fri 09:58 URL [ Edit ]

- hiro

タッキーさん、念願かなってよかったですね。ぜぜさんのおかげかな^^
ヘルメット忘れていや~。。とガックリきたけど、負けずになんのこれしき!と言えるぜぜさんはステキです。あたしもそういうことが言える女性になりたいです!
それにしても、まきはた、いいですね(←私は沢よりこっち^^)行きたいな~。。。
2011.10.14 Fri 12:10 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆山で会えたらさん
ようこそいらっしゃいました。
お天気にも恵まれて、最高の沢登りでしたね。
筋肉痛、ひどかったです。腿、腕が特に。。。とてもとても翌日、登山なんてムリムリでした。
またどちらかでお会いできましたらよろしくです。

☆hiroちゃん
いままで一度も忘れたことないんだけどね~
やっと念願がかないそうだったので、舞い上がっていたんでしょうね。
いや~同じ道をまた戻るのは、結構がくっときますね。
巻機、いいお山ですよ~紅葉も草紅葉もとってもいいです。
うちが行った時のあと2~3日後くらいがピークかなあ。
2011.10.14 Fri 14:10 URL [ Edit ]

- 食う寝るさんだ~す

メット忘れた時はぱんつ一丁じゃなかったんですね(笑
しかし、引き返してまでとは執念感じますわ

沢ってよくわからないけど、写真見るときれいですね~。

んで、巻機山は紅葉いいですよね、オイラも数年前に行ったときに、最高のお山だな~と思いましたよ。
今回、実は巻機山も候補だったのが・・・・
ちょいと最近行くとこが似ていておもろかったっす。
2011.10.14 Fri 17:48 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆食うちゃん
>ぱんつ一丁
ガンダムのパロディのやつ?ガンダム世代じゃないからわからんよ~
沢はほんときれい!稜線もいいんだけど、沢の冒険や美しさに浸ると、もうぬけられないのかもなあ。
食うちゃんは今年、絶対東北だと思っていたよ~
去年のうちの安達太良のコメで、行くぞ~って言ってたからね~
紅葉ばっちりな時で、よかったね~
2011.10.14 Fri 21:19 URL [ Edit ]

こんばんは^^ - condor

やはり沢屋さんの本格な渓谷行は一味違いますね。
流れを遡り、滝を越えるのが凄いです。
難関だからこそ、その向こうの景色も有り難いんでしょうね。
ナメと青空の写真、素晴らしい景色です。
沢からの山登りもロマンがありますね^^
2011.10.14 Fri 22:08 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆condorさん
沢を歩くのは、ほんとにはまってしまうんですが、いつも怖いなという気持ちは中々抜けません。
万年初級者です。
尾根歩きから空が近くなってくるように、沢からは空が大きくなるような。
ほんとは、デジイチもって行きたいのですが、濡れるしぶつけるし、泣く泣くコンデジです。
2011.10.14 Fri 22:51 URL [ Edit ]

- ヘロ

米子ではお世話になりました。

お勧めいただいた雷木沢 今日やろうと思っていたのですが、天気がイマイチなので家でウダウダしています。

また どかかで きっと。
2011.10.15 Sat 11:23 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ヘロさん
ようこそいらっしゃいました。
こちらこそ、ゴルジュの巻きでは、的確なご指示を頂き、本当に助かりました。
明日は天気が回復しそうですね。うちは相方と意見が割れてまして、どこになるのかなあ。

こちらこそ どちらかでまた です。
2011.10.15 Sat 12:48 URL [ Edit ]

ガンダム? - 食う寝るさんだ~す

いえいえ・・・ぱんつ一丁は、沢渡温泉の・・・(-^〇^-)
2011.10.15 Sat 18:05 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆食うちゃん
あはは、あんときの話かあ
2011.10.15 Sat 19:35 URL [ Edit ]

- きぬ

1枚目の滝の写真、ド迫力ですね~
打たれてみたいです~

そっか、私も、10日に温泉で千葉の美人さんに
あいましたよ。(奥さんかどうかは?だけど)
なんか、にてますね~。
巻機、もう、3回も直前でだめになってるので
行きたかったんだけど、
今回、なぜか会津磐梯山が
先になっっちゃった。
これも、山の神様のご配慮かな?
2011.10.15 Sat 21:08 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆きぬさん
いや~KKコンビは今年は絶対東北と思いましたよ~
巻機は来年に取っておいてね。でついでに国境稜線から白毛門まで縦走しちゃったらどう???
は、冗談だけど、大源太とか平っぴ~とかいいお山満載だから、あっち方面も楽しめるよ。
2011.10.16 Sun 22:22 URL [ Edit ]

- おくがけど

>メット忘れた
これは確かにいけませんね。まだハーネス忘れた方がマシかもしれませんね。

>体フリクション
我々(勝手に同類にするなってかw)は接地面積が広いので有利でしょう。

>コメコは決してたやすくない
私もはなゴン先輩につながれっぱなしでしたからね。散歩されている犬状態でしたわ。
またこの辺りの沢、ナルミズとか行ってみたいな~
2011.10.22 Sat 12:11 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆おくがけちゃん
到着前にアクシデントがあったけど、やっと念願かなって行けてよかったです。
おくがけちゃんのレポも見てたから、怖い沢のイメージができてたよ~
実際怖かったけど、きれかった~

ナルミズは絶対おすすめ!米子より簡単だよ。最近は東黒沢から連続遡行のが多いみたい。うちがいった宝川温泉からの林道が台風でえらいことになっちゃったみたいだし。
7月は上部が雪渓なんて年もあるみたいなので、やっぱ10月連休がきれいでいいかなあ。
2011.10.22 Sat 13:29 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/670-311a525b
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.