日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

小田原の街を行く2

2011.08.29
国道1号線を渡り海側の歩道に入る。

P1050412-2.jpg

さて、奥にはずい分と持ち手の長いカンナが目につきます。この狭い仕事場では何が行われるのでしょう。
P1050415-2.jpg

正解は樽の修理、、、
木曽山中ではありません。小田原の街中です。

P1050413-2.jpg

柳家ベーカリーは今年で創業90年、守谷のパンとならんでアンパンの双璧です。こっちのが和菓子風かな。
ごくごくご幼少の頃は、まだスーパーとかなくてパンは地産地消だったなあ。なので子供の頃はよく食べてました。
日曜定休?閉まってました。

P1050420-2.jpg

アールデコ調の2階から屋根にかけていい雰囲気の建物。
ドアの先にはバルコニーでもあったような佇まいです。
こんなちょっとした意匠をこらした建物は木造、鉄筋コンクリートを問わず昔はよく見かけたけれど、めっきり減ってしまいました。
これを商家風な建物にぶつけちゃうところが すごい! それもしっくり収まっています。

P1050427-2.jpg

和菓子屋の松坂屋は栄町松坂屋と2件ありますがこちら南町のが本家筋。
創業はわかんないくらい古い。
昔お茶を習っていた頃は、こちらの和菓子がどこのお師匠さんも御用達でした。今もそれは変わっていないでしょう。
ことに「笹梅」は裏千家十四代淡々斎も贔屓の逸品だったとか。
何より和菓子の美味しさに尽きます。
砂糖、餡、求肥やごぼうのあんばいなど、ここよりおいしい「菱花びら餅」はいまだかつて食べたことがありません。
それにしてもカーテンを引いただけの戸締り、、、昭和です。。。
日曜、祝日休業

P1050422-2.jpg

この建物も結構古い。角地を意識して2階の窓と屋上の意匠が印象的です。
2階窓のひさしは実用性と装飾性を兼ねたいいデザインで、このひさしによってのっぺりとした単調さが消え、高級感さえただよわせています。

P1050428-2.jpg

横手の自転車がいいアクセントです。
決して周りはおしゃれなとこじゃないんだけど(爆 いいでしょ。

P1050426-2.jpg

隣の床屋さん、DANDY SALONですよ。心意気が感じられますね。アンマッチな風鈴が効いてます。

3へ続く

人気ブログランキングへ

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/650-21ac9c7c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.