日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

お疲れさま

2011.08.04
2年前モモが旅立ってからひとり、寂しい日々を送っていたけれど
昨年12月、シロが来てから、お前もずいぶんと元気になったよね。

P1030940.jpg
マルは、昨年来心臓に病を抱え、何度も何度も酸素室のお世話になりました。
服用しながら小康状態を保ち、シロが来てからは、新しい生きがいを見つけたように、生きる気力を感じていました。

P1040302.jpg

P1030833-1.jpg

が、やはり6月の暑さは、心臓を患うマルにはことのほかきつかったようで、7/9眠るように、彼岸へと旅立って行きました。

我家に来て10年、享年は13歳でした。
生前、ブログ上にてかわいがっていただいたこと、この場を借りてお礼申し上げます。
密葬の儀は近親者のみにて滞りなくとりおこないましたこと、略儀にてお知らせ致します。

人気ブログランキングへ

Comment

- とち

そんな出来事があったのですね・・・。
マルちゃんとシロちゃんの仲良さそうなこと。。

とてもシンプルに寄り添って生きていたのですね。
人間ってなんでこういかないのか。
マルちゃん
ぜいぜいさん家で生きてて良かったね。本当に。
たくさんいろんなものを残してくれたのだと思います。
千の風になってみんなを見守っててね。
命は巡ります。
2011.08.04 Thu 23:32 URL [ Edit ]

お悔やみ申し上げます。 - 木曽駒

家族との別れは本当に辛いことです。
マルちゃんとの思い出を胸に、悲しみが早く癒されることを祈っています。
2011.08.05 Fri 00:50 URL [ Edit ]

- ろび@お仕事

マルちゃん お疲れ様
でも シロがきてくれてなんぼ嬉しかったんちゃうかな
シロはえらいな。
大人になってからお邪魔したのに、よく役割と言うものを
わかってるよね。
シロの散歩に付き合ってる写真がジーンときます。
まぁ シロにとってもマルがの存在はありがたかったでしょう。

とっちゃんの言う
人間もこんな風にいければいいのにね。
ちなみに 部屋の中の閉鎖的空間でしか生活してない
モン吉は・・・猫ができていません。
やっぱり世の中の酸い甘いを知らんといかんな

マルちゃん 天国でモモと一杯あそびなねー
2011.08.05 Fri 12:50 URL [ Edit ]

- たつん

うちのガクも大分衰えまして、
散歩後なんかは腰の痛みで突然悲鳴を轟かせたりしています。
もうそんなに長くないのかなとか、
逆にこの状態で生き永らえてもつらいのかなとか、
色々思い巡らせはしますが、
じゃあせめて優しく撫でてあげようと手をかざすと、
触らないでと言わんばかりに静かに避けるのです。
おそらく腰に響くのが嫌なのでしょう。

仕方のないこととはいえ、
ペットの老いというのは何とも悲しいものですね。
2011.08.05 Fri 15:02 URL [ Edit ]

- 食う寝るさんだ~す

そうでしたか、10年間ぜいぜい家に憩いをもたらし。可愛がられ過ごせたのですね。
さぞ幸せであったと思います。

オイラも、訪れたあの日に床の上でハシャギ廻っていた、マルちゃんの姿を思い出しています。

ほんと、お疲れ様といいたいですね。
2011.08.05 Fri 19:54 URL [ Edit ]

- ゆう

悲しいですね
でもしかたがないことですよね
まだまだ先のことだと思うのですが
こたろうはよく行く山の二人の秘密の場所に
埋めてやることに決めているのです
そんなことも時々思ったりします
2011.08.05 Fri 21:06 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

コメントをくださったみなさま、まとめてのお返事お許しくださいませ。

マルはモモ同様捨てられていた犬でした。そしてシロもまた飼い主に捨てられ保護され、
回りまわって我家の一員となりました。
マルもそうであったように、シロも寂しかったに違いありません。
種こそ違い、お互いに意気投合したのもそんな下地があってのことだったと思います。
シロはよくマルと遊んでくれました。
シロと追いかけっこをしては、酸欠になってぜいぜいと苦しそうでしたが、やめることはしませんでした。
そのたびに、はらはらと見守っている日々でした。

この1ヶ月、マルがいなくなって本当に寂しかったです。
でも後に残すより、先に送り出してあげることができたことは、飼い主としては当然のことなので
マルのためにはよかったと納得しています。

別れがあると生き物を飼うことは辛いですが、あの時引き取らなければ
その時点で終わっていた命なので、彼らの天寿を全うさせてあげられて良かったんだと自分を納得させています。

生き物を飼っているみなさまもいずれはたどる道ですが、
ワンちゃん猫ちゃんたちは、ともに生きたことは、必ず感謝していると思います。
なので、最後までかわいがってあげてくださいませ。
2011.08.05 Fri 21:48 URL [ Edit ]

- きぬ

マルちゃん、ありがとう
そしてお疲れ様。
まとめてのお返事に加えてくださいね。
2011.08.06 Sat 16:21 URL [ Edit ]

ありがとう - 岐阜ぺんぎん

マル~
お疲れさんでした

安らかに

そして シロちゃん 見守ってね~
2011.08.06 Sat 23:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/644-283e3eaf
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.