日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

2011.3.11東北関東大震災その後

2011.03.16
東日本を襲った未曾有の大地震は、東北地方を中心に大きな爪あとを残し、
なおかつ多大な犠牲を被災者をはじめ多くの人々にもたらすすさまじさでした。

地震直後の映像は目を覆うむごたらしさで、ほんとうに言葉を失います。正直もう見るのが辛いです。
そして今現在、原発にも多大な損傷を与えて、今まさに日本があらゆる意味で試されているのだと、痛感せずにいられません。

P1040275-1.jpg
地震当日、店にいた私は怯えるお客さんの子供を天井からの落下物の危険のないところに集め、
ひたすら収まるのを待ちました。時間は長かったものの、ぎりぎりで落下物は抑えられましが、
軽いものはあちこち移動したり倒れたりはありました。

直後の停電で最寄り駅の電車が踏切に立ち往生し、地域見守りのおじさんが一生懸命交通整理にあたりました。
無視して突破しまた戻ってくる人、素直に従う人、それぞれでした。

ちょうど帰宅途中の家まで辿りつけなかった子供たちが、いっせいに小学校に引き返してきました。
そういう取り決めになっているようで、親が迎えにくるまで、学校まで退避するようです。
19時ころまでお迎えがあったようでした。

ちょうど19時ころたまたま所用で我町に来ていた妹が、交通機関のストップでうちまで助けを求めてきました。
妹の旦那さんは会社での泊りを覚悟していたようでしたが、私と会社まで迎えにいって、我が家のお泊りになりました。

一番怖い思いをしたのは長男で、地震発生時は仙台市青葉区の大学の寮にいました。
ひどい揺れの中パソコンを死守するのに必死だったようですが、卒論が終わっていたのが不幸中の幸いだったようです。
仙台市の中心街は津波の被害もなく、多くの被災地にくらべれば割と軽くすんだようでした。
それでも度重なる余震と、ライフラインの損傷、流通の麻痺でどんどん食べるものが無くなっていく状態だったようです。
お互い連絡が取れたのは、地震発生から7時間ほどたった後でした。

この3月に卒業を迎える長男は13日が新しい就職先の寮に荷物を送る日でした。
若林区に事務所のある日通の事務所は15日現在いまだに連絡が取れません。
津波の被害のあった地区なので事務所の方々等相当心配なのですが、今はただ連絡を待つしかありません。

ライフラインも復旧せず、青葉区からバスが山形に向かえる体制が整ったという情報で、長男も仙台脱出を決めました。
15日、数時間並んでやっと入れられたガソリンは3000円分、
それをほんとうにぎりぎりで、山形、新潟と綱渡りで越えて、なんとか関越に乗ることができました。
本人も途中で止まったらな恐怖を味わいながらでした。
その日の新潟は雪の予報、もし雪に取り込められたらと思うとぞっとします。

日付の変わった16日、やっと自宅に帰り着くことができました。
三男が、「おにいちゃんおにいちゃん」と年甲斐もなく叫んで、玄関で長男を迎えました。
肉が食いたいという長男のため、今晩はすき焼きをふるまいましたが、あいにく夕食の時間が計画停電にあたりました。
カセットコンロでの煮炊きなので、困りはしなかったですが、
「この肉煮えてんのか」などと、久しぶりに一家水入らずで、家族の揃うありがたさをひしひしと感じました。

今もなお家族と離れ離れな被災地のみなさま、そして苦しい避難生活に耐えているみなさま
本当に心を強くもって頑張って欲しいと思います。
そして今こちらで私達ができることを精一杯やっていきます。



Comment

- yamaneko

長男さん 無事で 良かった 良かった

東京から九州へ 逃げ帰る人 多いよ

金持ちは海外だつて

2011.03.16 Wed 23:38 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆yamanekoさん
ありがとうございます。
原発、いろんな意味で今は運命共同体ですね。遠方に逃げたところで、そこで何年も暮らせるわけでもなし。
はがゆいですが、今はまかせるしかないのですね。
2011.03.17 Thu 09:25 URL [ Edit ]

- hiro

よかったです。息子さん、無事帰還ですね。
私も停電生活の中、電気のありがたみと、食事が毎食出てくるありがたみを(職場で)ひしひしと感じています。中には停電で久々に家族水入らずで一つの空間にいた。。。なんて話を職場の人が言ってました。
職場は停電でかなり混乱してますけど、、ぜぜさんのレポみて、停電もできることのひとつなので、心してかかりたいと思いました。
2011.03.17 Thu 14:26 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hiroさん
ありがとうございます。
こういう災害があって、現代人の生活の豊かさとありがたさをひしひしと感じますね。
助け合い、痛みを分かち合い、日本人でよかったとほんとうに思いました。
2011.03.17 Thu 20:54 URL [ Edit ]

- 上松 B作

知り合いの方の無事を聞くとほっとします。
息子さんにはおいしいものをたくさん食べさせてくださいね

2011.03.17 Thu 21:30 URL [ Edit ]

おかえりなさい - とち

ご子息、ご無事で良かったですね。
ぜいぜいさんも顔を見るまでは心配だったでしょう。

写真を見て田舎を思い出しました。
台風や積雪で電線が切れた時はしばしば停電になっていました。

いつもは好き勝手に過ごしていても
停電の時だけは家族がろうそくのもとに集まり
普段はしない話をしたものでした。

復旧も山だけに遅く
特に台風の時は3日めにやっと電気が復旧し
とても待ち遠しかったことを覚えています。

その時は電力さんがとても頼もしく見えました。

関東地方も地震のニュースが飛び込んできます。
気をつけてくださいね。
2011.03.17 Thu 22:01 URL [ Edit ]

- まきくま

ぜぜさんよかったね。
一安心ですね。家族ってやっぱり大事だね。
こういう災害って、今更ながらなあたりまえのこと、いろいろ思い出したりするもんですね。
長男さんのお友だちもみなさん早く落ち着かれるといいですね。
2011.03.18 Fri 08:00 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

Bちゃん
ありがとうございます。
生きててよかったと、今更ながらしみじみ思います。
彼はお菓子の買いだめがいっぱいあって、そんなのでしのいでいたようでした。

☆とちちゃん
ありがとうございます。
そちらのご実家も台風の通り道、その都度の不便は頻繁にあったのでしょうね。
こんな状況ではじめて、生活機能を支えてくださる人々の影の力に思いを馳せます。ありがたいことです。

☆まっきー
ありがとうございます。
友人たちも、地元の人々を置いて逃げるような自分達を後ろめたく感じながらの退避だったようです。
卒業式も中止となり、本人は言いませんがぽっかり穴があいたようでしょうね。
災害は辛くきびしいけど、人の絆は強くなりますね。
2011.03.18 Fri 09:20 URL [ Edit ]

- つばさ

息子さん、大変だったでしょうが、本当に無事で何よりです。今回の地震は本当に言葉で言い尽くせないほどの被害ですね。これからトラウマになる人も多く、精神的にもケアが必要になって来ると思います。卒業式が中止になったのは残念ですが、息子さんにとって、家族の存在は大きく、癒されたと思います。
2011.03.20 Sun 13:23 URL [ Edit ]

- 輝子

息子さん、ご無事でなによりです。
私もパソコンを死守しましたよ~。
何よりもまずパソコンを守った自分にびっくり。

2011.03.20 Sun 21:59 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆つばささん
ありがとうございます。
離れている家族のことはほんとうに心配でした。もっと苦労している方がたくさんなので、
意外と早くこちらに帰れたことは幸いでした。
一刻も早く復旧できることを祈るばかりです。

☆輝ちゃん
息子も戸棚とかばたばた倒れそうな中をとにかくパソコンだったみたい。
ディスプレイは倒れたそうだから使えないかもですが、まだ仙台に置きっぱなしなんだよなあ。
2011.03.20 Sun 22:10 URL [ Edit ]

- M-K

ぜぜさん
ご長男さんの脱出のドラマ、ハラハラでしたね。真の苦難を乗り越える貴重なご体験に、ご長男
さんは一回りご成長されたことと思います。

M-K若かりし頃、無鉄砲な気質そのままに4月に入っている夜の国道17号を三国峠越えで神奈川に向って走っていたのです。(長岡が故郷)

降りしきる雪にノーマルタイヤの当車はダウン。真夜中の路肩で途方に暮れて止まっていたのです。
流石に雪の名所、援護の巡回車にチェーンを販売して貰い(平常の5倍)無事に帰還したのでした。
(私はちっとも成長していません)(笑) 失礼しました。思い出してしまったのです。
2011.03.21 Mon 22:44 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆M-Kさん
お気遣いありがとうございます。
まだ荷物が仙台なのでもう一度戻らなくてはいけないのですが。。。な状態です。
雪の三国峠越、あら~その当時から冒険家ですね(笑
子供も当初17号で帰ると言っていたのですが、さすがに夜中に閉じ込められると、朝まで除雪されないので、ガソリン絶対持たなかったと思います。息子は今回初めて高速使いました(貧乏学生ですもんね)
2011.03.21 Mon 23:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/603-5a9968c1
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.