日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

東北のお山に行ってきたの巻

2010.10.12
やっぱり怖かったんだと思う。

それでも美しい紅葉に出会えたし、温泉もすばらしかったし、
東北のいいところをぎゅっと凝縮したお山だった。

IMG_2221.jpg

ことの初めは岳人10月号に安達太良山の沢、烏川左俣の記事だった。

安達太良山の沢は石筵川、杉田川、湯川など有名どころが目白押しですが、
烏川?ん?と、webで調べたら、”福島登高会”他数える程しかレポがなかった。

それでも右俣、左俣ともに奥岳登山口から安達太良山直下に突き上げる沢で、沢沿いの紅葉を愛でながら遡行したら
さぞや美しいだろうと、大いに期待した。

連休の福島の天気予報は日曜が弱雨、月曜が曇りのち晴れ。
月曜に沢に集中するように、日曜に安達太良山のピークを踏んでおこうと思った。

s-P1030102.jpg

山頂はガスだったが、道中の天気は思いのほかよくて、紅葉の絶景だった。
最後に明日の遡行予定の烏川の遊歩道を下った。
沢沿いの遊歩道からの風景はすてきだったけれど、難しそうな滝場がいくつか。
それを遊歩道で簡単に巻くことができると悟ったときに、急速にこの沢への関心が萎えてしまった。

s-P1030128.jpg

翌日は夜明け前から雨だった。
またしてもこれをいい口実にしてしまった。
結局、沢が怖かったんだと思う。

日もだいぶ上がるのと時を同じくして雨もあがって晴天になった。
急遽、一切経山に登山を決めた。

s-P1030147.jpg

お山と鎌沼を回って、山頂はあいにくの天気だったけれど、鎌沼に着く頃は素晴らしい晴天になった。

s-P1030164.jpg

眼下に広がる吾妻小富士や桶沼も神秘的だった。

s-P1030180.jpg

結果的には、安達太良山と烏川の遊歩道散策と、一切経山と周辺の湿原や沼をめぐることができて
極上の山旅になったのだけれど、なんとなくこれでよかったのかと自問自答だった。

始めから沢なんて思わないで計画を立てていたら、もっと充実した縦走ができたのではと
自分の心の弱さと、計画の甘さに苦い気持ちも残った。

まあ、そんなに深刻に思うことなく、もっと気楽に考えればいいのにとも思うのだけど、
一期一会のお山との出合だもの。もっと真剣に向きあえばよかったかなと、ちょっぴり後悔も残った山旅だった。

詳細は後ほど

Comment

紅葉綺麗ですね。 - ねずぴん

ぜいぜいさんも紅葉綺麗でよかったじゃないですか!東北でもすでに紅葉が始まってこれから全国各地で観光客を交え紅葉狂想曲が始まるのですね。

鈴鹿御在所の紅葉も素晴らしいので昨年に引き続き行こうと思ってます。

涸沢も最高でしたよ!
2010.10.12 Tue 23:47 URL [ Edit ]

- 監督

>まあ、そんなに深刻に思うことなく、もっと気楽に考えればいいのにとも思うのだけど

に一票!
一度に安達太良山と一切経山の両方こなす、なんと贅沢な。吾妻山で天泊狙って久しい自分には十分うらやましいです。
2010.10.13 Wed 00:46 URL [ Edit ]

- まきくま

ぜぜさん
むずかしいこと いいっこなし!
なによ、一枚目の画像!!!
あんなん見たのに四の五の言わないの!
いいなあああ。
去年スキーに行ったときに、紅葉のあだたらにぜったいこようねって、みんなで言ってたのに。。。
こりゃ、完全に逃したっぽいなあ。。。
2010.10.13 Wed 01:40 URL [ Edit ]

- mogu

安達太良山、私は紅葉を見に行ったのかと思っていました(笑)

多分、気持ち的に中途半端になってしまったのが心残りだったのかな?

沢が恐い、そういうときは気持ち的にも引いているので、登らないで正解だったのではと思います。沢登りに行って雨で中止になることは良くあることで無理に行くことはない。

また、天気の良いときに挑戦すればいいことです。(^_^)
2010.10.13 Wed 07:39 URL [ Edit ]

- ロビン@かいしゃ

ほんとほんと みんなのいう通り。
桶沼の湖面の美しさ、神秘的やね。
わたしもね、あっち方面の秋を味わいたいなぁ
裏磐梯や安達太良、ゆっくり回りたいです。
太陽を浴びた紅葉も活き活きとしてるけど
しっとりした紅葉もまたGOODやね。
車中泊でゆっくり東北、いや日本中の山まわりたい、
これが私の夢ですたい!(ここでお前の夢の話か?)
2010.10.13 Wed 08:59 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ねずぴんさん
東北は標高が低くても、たおやかな山肌が美しく染まって、高山の岩とミックスの紅葉とはまた趣きが違いますね。
木々の種類も多彩で、これはなんの木って同定しながら歩くのも楽しかったです。
お互い紅葉はバッチリだったですね。

☆監督さん
今回一切経山に行って、吾妻連峰縦走できたらいいだろうなって思いました。
たけさんが’08に行っていましたが、豊かな森と池と池塘と盛りだくさんな縦走だろうなあと、私も相当そそられました。

☆まっきー
そうだよね、贅沢だよね。紅葉は山裾が三分、上が八分位だったそうです。
あんなに歩くとこどこでも紅葉ってのは、さすが東北のお山はすごいって思いましたよ。
帰りの渋滞を我慢できれば、東北も結構近いと思いました。

☆moguさん
ここんとこ、こんなパターンが多いんです。どうも沢に一歩引いちゃってるっていうか。
そうなんですよね、お山だって天候を見て敗退とか普通にあるので、当たり前と言えば当たり前なのに、多分、天気を言い訳にしたのが自分でもありありで。。。
ただ、お山はとっても楽しかったです。
2010.10.13 Wed 09:25 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ロビはん
そだね、お山にも悪いよね。気持ちの入れ替えも大切ということだね。
上越のお山もラブだけど、東北のお山もすんごいいいです。
森や湿原が普通にあるもん。
私もね、車中泊で日本中のお山回るのが夢なのよ~いっしょだね~あ~放浪したい!
2010.10.13 Wed 09:32 URL [ Edit ]

- おくがけど

そのお悩み、わかります。
私も未知の山域(特に雪国)の沢は、安易に入渓すべきでないと思っています。
高いお金出してガイドさん雇うか、体育会系の山岳会に入会するかどちらかなんですが、思い通りにはいきませんよね。

まあ紅葉も、素では散れんスチレン
(前スレの続きのダジャレでスマソ)
2010.10.13 Wed 12:52 URL [ Edit ]

- hiro

あたしも、安達太良、考えてたのよー。日曜に「いわき」まで行く友人がいたから、それに乗っかっちゃえー!って計画立ててたら、予算オーバーでやめちゃいました。結局別の山だったけどね^^;
この時期、あっちの山こっちあの山で迷いますよ。また来年。ちゃんちゃん。

あたしもね、将来の夢は車で日本一周。そして、山に登るです~。老後の楽しみかしら^^
2010.10.13 Wed 12:52 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆おくがけちゃん
やはり入渓者が少ないというところに、不安を感じました。
確かに雪国の沢ってスラブが発達しているから、あなどれないですよね。
鍛え方も全然足りないし。。。
ということで、今回の沢はスチレンしました。ぶはは。

☆ hiroちゃん
あら~もしかしてバッタリだったかもだったんだね~
東北の紅葉はいいね~なんかはまっちゃいそう。
うちもね、高速1000円のうちに遠くに行こうよって計画だったんですよ。
車で日本一周、あこがれだね~ほんと、老後の楽しみです。
2010.10.13 Wed 16:14 URL [ Edit ]

安達太良山烏川 - ゆう

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1563243886&owner_id=4010562

烏川右俣に行ってきたけど
大滝を越えるのはクライミングができないと
無理ですよ 私たちも男2人ならば超えたと
思うのですが・・ 今度左俣のナメを登ってみたいです

ちなみに遊歩道がある部分は遡行対象外ですが・・
まあ、あまり面白くない沢かもしれませんが
私はなんとなくまた行ってみたいと思います
今度は左股ですが、いずれはクライミング技術を向上させて、右の大滝を越えて、
帰りは左股を下降してみたいですが。
2010.10.13 Wed 20:01 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ゆうさん
あれ、ゆうさんの烏川のレポ見逃してました。
大滝は古い記録では右岸の巻き道があるらしいです。でも、超密藪でしょうね。
今回は左俣を予定していました。詰めの密藪を考えるとかなりうつでした。
結局行きませんでしたが。。。
岳人10月号の記事では、遊歩道のところも遡行対象になっていましたが、さすがにあれだけ遊歩道になっていると、遡行し辛いですね。
ぜひ左俣行ってみてくださいませ。参考にさせて頂きます。
2010.10.13 Wed 21:46 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/559-b366d42d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.