日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

忍者

2009.05.29
先だってマンガのことを書いたついでに、久々に白戸三平の「忍者武芸帳」を読んでみた。
戦国時代は荘園制がくずれて、力のある名主や農民が台頭してきた時代で
自分たちの権利を主張するようになるのだよね。
それでも信長などの特に力をもった大名が台頭してしまうと、それまで一揆などで力をつけてきた農民は
ことごとく信長に駆逐されてしまうんだよね。
信長が戦ってきた中で最後まで手を焼いたのは大大名ではなく、農民や宗教団体(一向宗ね)の、
草の根から権利を主張してきた人々なんだよね。
歴史の表面をさらっと駆け抜けてしまうと、大将や国同士の戦で勝ち残ったものみたいな所が
前面に出てきてしまうけれど、実はもっと根深い戦もあったのだと、このマンガでは気付かされるのだよね。

というところで、話は忍者のこと。

丁度「忍者武芸帳」を読み終わって、今日の読売新聞にタイムリーな記事が載っていた。
文化面で日本史家の磯田道史の「古今おちこち」というシリーズなのだが

忍者に履歴書 実名公開というものだ。

忍者とは伊賀の地などから、特別な武芸をもつ個人や集団が武士に雇われていろいろ隠密な仕事をする訳なのだが、
この記事のなかでは、まあ、忍者というのは忍ぶものだからそもそも記録に残ってはいけないのだが
この磯田さんはなんとか歴史の対象にならないものかと、忍者の実際を調べてみるのだ。

かいつまんで説明すると、忍者も武士なのだから、藩の役所に親子代々の履歴書があるはずで
なんとそれはネット上に岡山藩池田家の侍帳の画像が公開されていて、そこに忍者の名前が載っていたそうだ。
大阪冬の陣の前年の1613年には、61名おり、頭目の2名の名しかなかったものが、時代が下り
江戸中期からは全員の名前が載るようになり、人員も幕末には10名まで減っていったようだ。
ようは天下泰平の世の中では忍ぶ必要もなくなったので、当然名も記すようになったということだ。
なお、詳しい岡山藩士の250年にも及ぶ武士の履歴書は、早稲田大学中央図書館のマイクロ資料室にあるのだそうだ。
戦国の時代には忍者はよく訓練もしていたようで、打撲痛で隠退なんて記録もあったらしいが
時代が下るとただの番人になってしまったようだ。
それでも、この岡山藩の忍者は明治2年(1869年)に忍役を解かれたそうで、
まあ、明治の時代まで忍者はいたことが私には大いにおどろきであった。

Comment

- たここ

伊賀甲賀もさることながら、小田原といえば風魔小太郎ですよね~
ぜぜさんの遠縁かもね^^
(ぜぜさん忍者を想像中・・・あ、水蜘蛛失敗)
2009.05.30 Sat 12:26 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆たここっち
あれ、きょうは仕事?
風魔小太郎って地元じゃ全然無名です。たここ、詳しいね。

>(ぜぜさん忍者を想像中・・・あ、水蜘蛛失敗)
失礼な!水豚(すいとん)の術だし・・・(更に自爆
2009.05.30 Sat 15:28 URL [ Edit ]

- きぬ

「忍者武芸帳」ですか、私は「カムイ伝」が衝撃的でした。今は時々、web版 白土三平とカムイ伝の世界を興味深く読んだりしています。http://kamui.shogakukan.co.jp/kamui/2005/09/ 

うちの子たちは「NARUTO」を読んでますけどね。
2009.05.31 Sun 00:28 URL [ Edit ]

- でぶがけど

影丸と言えば、横山光輝の(伊賀の影丸)と白土三平の(影丸伝)を読み漁ってました。
横山センセイ(もう故人か)のは、少年ジャンプとかで主流になった「チーム戦隊モノ」のさきがけになったような気がします。思想とかはほとんどナシ。

白土センセイ(この頃はご自身で作画もされてたとか)のは、うでがもげ くびがとぶ シーンもあったのですが、ぜいぜいさんが仰るような強烈なメッセージが作品全体を通してあるのですね。

両者とももう処分しちゃいましたけど、痛切に後悔しております。
PS:我々は火トンの術も使えませぬ~焼豚になって(以下自粛)
2009.05.31 Sun 08:35 URL [ Edit ]

- まきくま

この間「梟の城」再読したとこなので、わたしもいま、忍ブームきてますよーん。
そっちも面白そー!
2009.06.01 Mon 08:41 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆きぬさん
カムイ伝はテレビでも放映してたので、余計心に残っていますよね。
なんか、内容が不条理で子供心に「納得いかね~」みたいな思いがあったなあ。
ナルトはうちの子もコミック買ってるなあ。最初、「ラーメンの修行の話?」って聞いて大ひんしゅくですた。

☆おくがけちゃん
横山せんせと言えば、「赤影、参上~」だったっけ?
俳優が目にアイライン入れてたのが、強烈な印象です。(良く見てるわ、テレビ)
白土センセの絵は、初期の手塚治虫の画風にもにてるよね。
>PS:我々は火トンの術も使えませぬ~焼豚になって(以下自粛)
ト、トンでもない!

☆まきくまさん
忍者は、日本のこと良く知らない外国の人々にも共通語ですもんね~
一つとっかかりがあると、たとえマンガでもそれからいろんな興味に広がっていくので奥が深いよね~

2009.06.01 Mon 17:38 URL [ Edit ]

- blp

忍者武芸帳は全巻ではないにしてもかなり読んでたつもりで映画も見たのによく覚えてません。上っ面しかみてなかったんでしょうね。 懐かしく、白土三平、忍者武芸帳を検索してみて、「我々は遠くから来た。そして、遠くへ行く」にはまってしまいました。すごくおもしろいです、ありがとうございます。
うちの子供たちが幼稚園卒園時、将来なりたいものに忍者という子がたくさんいまして、当時忍者はっとりくんがはやっていました。
私が子供のころはなんといっても「ドロン」の猿飛佐助でした。
2009.06.01 Mon 21:18 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ blpさん
マンガも読む年齢によってその感じかた気付きかたも変わってきますよね。
今になって思わぬ発見もありますね。

>うちの子供たちが幼稚園卒園時、将来なりたいものに忍者という子がたくさんいまして、当時忍者はっとりくんがはやっていました。

まさか、同世代と思ったら、アニメ版ですよね~私は、実写版だもん。
うちの子供のころなつかしいのは、 忍たま乱太郎でした。
2009.06.02 Tue 13:02 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.