日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

床屋の思い出

2005.06.08
ロビンさんのブログを読んで遠い昔の記憶を思い出した。
ご幼少のみぎり、髪型といえば乙女がりと決まっていた。
そう、前とサイドがまっすぐで後が刈り上げってスタイル。
小学校に上がったときに、床屋のおやじ、当時それは最新のヘアースタイルだったんだろうか。
前もサイドも段々にハサミを入れ思いっきり耳を出して後ももちろん段カット(っていうのか?)
そう、ショートカットって言うんですね。
もちろん一言のことわりもなかった。床屋の鏡で自分の姿を見ながら
「なんで、どうして?」と悲しくなってきた。が、そこは心優しい子供。
文句も言えずに口を真一文字に結び、出来上がってお金を払い家に着くや否や、
堰を切ったように泣き出した。途中から床屋の親父もただならぬ気配を感じて
しばらくしてから、我家に様子を見にきた。確か次の日は学校を休んだんだと思う。
もうほんとに髪が伸びるのが待ちどうしかった。
乙女がりだってちびまるこちゃんみたいで充分おかしいんだけど
当時はそれが一番かわいいと思ってたし。

そして今、ずうっと私がカットしていた子供達もしゃれ気がついて床屋に行くようになった。
今は相方の髪の毛だけカットしている。カットした次の日はきっと変なんでしょう。
出先の人に「奥さんに切ってもらったんですか」とか言われるしまつ。
ここのところ暇がなくて、すごいロン毛のなっている。
お願い、もう床屋に行って!

Comment

- hirosemama

やっぱり一言 お褒めの言葉を・・・きっとかわいかったと思いますよ、だってプロが仕上げてくれたのですから。お逢いしたかったわね、その頃のぜいぜいさんに。ご自分のお子さんをカットする技はどこで覚えたのかしら。私も娘かわいさに自分でパーマをかけてましたけどクルクルに。ところでご主人のロングは白髪になる前のラストチャンス? 
2005.06.09 Thu 16:03 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

子供や相方のカットはナショナルのスキカルっていうのを買って自己流です。
何度かやっているうちになんとかなりました。
子供の友達とか遊びにくるとじっくりと髪型観察したりして(笑)
相方はもう前髪が結構白髪です。今の感じは坂本龍一にちょっとだけ似ているとおもうのはほめすぎ?

ところでhirosemamaさん、シロヤシオが低いとこでも見れるところ、もう遅いかもですが日光の中禅寺湖の北岸だそうです。今度ねらってみてください。
2005.06.09 Thu 20:50 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/43-ff82e116
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.