日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

ナルミズ沢から朝日岳へ

2008.10.14
今年沢を始めてから、ナルミズ沢はいつかは行きたいあこがれの沢だった。
それが、沢を始めてたった3ヶ月で実現してしまった。

いいのかいいのか?そんなに早く夢をかなえてしまって。

d08101213-017.jpg
ナルミズ沢は、深い釜と小滝が連続する、美しい沢だった。
夏の奥秩父では倒木地獄に泣いたので、本当に天国のような沢だったよ。

d08101213-043.jpg

そうして本当の天国といえば、この美しいツメだ。

i08101213-216.jpg

ここを歩きたくて、寒い沢も我慢して歩いたってものです。

稜線の展望もすばらしく、美しい風景を心に刻んだ2日間でした。

d08101213-140.jpg
朝日岳から笠ヶ岳、白毛門、遠くに谷川岳

i08101213-241.jpg
ジャンクションピーク少し下から大烏帽子山、その奥は巻機方面か?

i08101213-254.jpg
上の写真よりもう少し上からの写真です。一番右が大烏帽子山、最奥に見えるのは越後三山かな?
   Comment(17)   ↑Top

Comment

- おくがけど

あ~あ、行(や)っちゃったよ~w
もう知らないからね~

JPから北側の展望(画像拡大きぼんぬ)は、間違いなくまっきーでしょうね。その右奥は丹後岳や越後三山かも。
2008.10.15 Wed 05:50 URL [ Edit ]

- mogu

おーーーー秋のナルミズ沢だ!!草紅葉が綺麗
上越の沢はスラブ系が多いから沢が開けていて、お天気が良いと本当に綺麗ですね。私も夏に登り天国に続くと言われている詰めの草原で感激しました。でも反面上越の沢は雨が降ると、あっという間に増水して逃げ場が無くなるので怖いです。
2008.10.15 Wed 06:52 URL [ Edit ]

- hiro

沢はよくわかりませんが、黄金色の原っぱ、なんてステキなんでしょう^^HPの表紙もね^^
あ~、、私も快晴の日にこんな風景を見てみたいです!
2008.10.15 Wed 13:35 URL [ Edit ]

- ニシ

わぁー、ナルミズ沢。
沢が苦手な私でも、いつかはいきたいと思う憧れの沢です。
ツメが天国に続く道、先輩が言ってましたが、ホントにそうなのですね。素敵…。
2008.10.15 Wed 14:28 URL [ Edit ]

- hirosemama

ぜいぜいさん ありがとうございます。
一緒に行ったつもりになれます。
目を疑いたくなるような 素晴らしい景色ですね。
雑木林の紅葉とちがって 草紅葉はなんだか
暖かいです。
命が洗われるって言葉がぴったりの眺め。
さわやかな風さえ 伝わってきます。
2008.10.15 Wed 17:39 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆おくがけどさん
おおきな画像UPしてみました。JPよりはちょっと下からの写真でした。
やはり巻機みたいかな。
ナルミズはまさか今年行けるとは思っていなかったですよ。
なんか相方に押された感じでしたが、結果としては行ってよかった!ほんとにすばらしかったです。
たぶん米子よりは、難易度低いかと思われます。
ただ、全体の行程が長いです。デカザックで行くのは難行苦行でした。

☆moguさん
のナルミズのレポは読んでいたので、朝日岳の下りの岩稜帯はかなり緊張して下りました。
私には、沢よりも登山道の方がある意味核心部でした。
あそこ、雨上がりとかだとちょっと危ないですよね。
宝川からの登山道も絶対落ちれないところが、結構ありましたよね。
ナルミズも増水での死亡記事などは見ていたので、お天気が両日晴れというのは絶対条件でした。
ほんとにいろいろと恵まれた沢でした。

☆hiroさん
は連休じゃなかったのかな?地味にすごしたんじゃない?
でも鍋焼きうどんはこの時期、いいよね~
hiroさんの体力なら、秋に1泊で谷川馬蹄形ですばらしい紅葉ゲットできるよ。

☆ニシさん
ナルミズはただただ美しいとためいきのでる沢でした。
でも私は、草原から青空に向かって歩くツメが最高でした。
巻き道もあるので、私たちのような初心者でも行けましたよ。

☆hirosemamaさん
こんなときなんでしょうね、生きててよかった!って思える瞬間て。
それほどすばらしかったです。居合わせたすべての人達と喜びを分かち合いたくなりましたもん。
2008.10.15 Wed 18:07 URL [ Edit ]

- まきくま

わおー!
ぜぜさん。なんて素敵なんでしょう。
ほんとに天国だね。尾根の展望はわたしも似たようなの見たはずだけど、その黄金のツメは、ほんまに見事ですわ。いつか行ってみたいと思わせるね。
人生最高の紅葉かあ。
たけさんとこに貼ってあった、仲良しカンパイ写真、あれがすべてを物語ってるねえ。ああ、もっと写真みたい。もっと聞きたいよー。ぜぜさん、のみにいかなくっちゃだ!
2008.10.15 Wed 18:24 URL [ Edit ]

- おくがけど

拡大画像さんくすれす。
ところで前日は雨だったと思うけど、増水ってほどでもなかったのですね。
しつもん1:ビバーク地は大石沢出合?
しつもん2:核心は何処?魚止滝?
しつもん3:焚火は?
2008.10.15 Wed 19:47 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆まっきー
黒戸もさ、白砂と紅葉のコントラストが見事だったんじゃないかなあ。
ほんと、秋の集大成でみんなで山談義したら楽しいだろうなあ。
大自慢大会炸裂かなあ~~~
尾根から眺めるとくすんだ赤の紅葉も沢から間近だとほんとに、赤からオレンジに燃えてるんだよね。
それを写真に表せないのが残念ですよん。

☆おくがけどさん
水上は夜半にぽつぽつ位の雨だったです。
それでも、渡渉点で登山靴で渡るのは無理位な水位でしたので、沢靴に履き替えました。渡渉点から入渓する人もいるようですが、巨岩帯でつらいようです。
普通はウツボギ沢出合(広川原)から入渓が多いようで、うちもそうでした。
めんどうだったので、沢靴でウツボギ沢出合まで行きます。すぐです。

深いゴルジュには巻き道があります。
浅いゴルジュは積極的に行ったほうが、巻きよりいいみたい。

核心は登山道・・・が結構やらしかった。
朝日岳からの露岩帯のトラバースと宝川の林道終点から渡渉点までは、岩が滑るのと高度感もあるので、雨上がりは要注意です。

沢では、巻きがどろ帯斜面のところは滑ります。
魚止滝は、デカザックで登るには滝の右が途中で手掛かりが少ないので、ザイルがいると思います。
うちは、更に右手の窪を登って巻いちゃいました。

一番恐かったのは、二俣手前の6mのナメ滝で、高巻きは悪いとあったので、滝横の左手をへつりましたが、ここがちょっとぶるぶるでした。私は相方にラスト手で引っ張ってもらいました。

ツメのコケ帯は滑りそうで滑りません。ラスト2m位の立った滝があったので、左を大高巻きしたのですが、降りるときにどろルンゼで二人とも滑ってどろどろでした。しかたなく沢でおしり洗いましたが、どうせ濡れるならこの滝は登った方がよかったです。

ビバークですが、行程が長いのでうちは二俣あたりまで行く予定で、二俣手前でビバークしました。ここまで来ると、焚き木がありません(泣
獣のことを考えると焚き火したほうが安心ですよね。
ただ、軽身で歩くのが早いなら、大石沢にビバークして、6時位から歩き始めた方が、危険でもないし、その方がよかったかもしれないです。今回すべて重装備で歩いたので、本来登れそうな滝も巻いて結構時間かかりました。最後に大石沢でテント回収できますものね。

こんな感じですよん。
2008.10.15 Wed 20:59 URL [ Edit ]

- 食う寝る@おひす

すごい!すごすぎ!
なんちゅ~きれいな風景。
なんか負けた気がします(笑)
いや・・マジで^^;

素晴らしい~
2008.10.15 Wed 22:04 URL [ Edit ]

- ロビン

TOPの写真 すごいねー
青い空と草紅葉、写真であんなんだから
きっと実際目にしたら「ぎゃぁ~」くらい叫んだことでしょう。
朝日岳に辿り着くのかぁ。 いいコースだね
よかったねー 沢と山の合体の喜びやねーv-218
2008.10.15 Wed 22:40 URL [ Edit ]

- まゆ太

すごいきれいな草紅葉!
澄みきった沢を登りつめて到達するだけに、感動もでかいんだろうなぁ。
ナルミズ沢って、朝日岳をつめるほうだったのですね。勘違いしておりやした(^^;
でも、とっても素敵なところですねー。
2008.10.16 Thu 12:27 URL [ Edit ]

- カモシカ

表紙の写真、まるで映画のワンシーンを見ているかのようです。
沢のことはよくわかりませんが、稜線の展望、本当に素晴らしい。
どこまでも歩いていきたくなる眺めです。
2008.10.16 Thu 20:27 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆食う寝るさん
いやいや、やはり風景に負けちゃいますよ。自然はすごいね。
人間なんてほんとちっぽけだよって、自然の中にいるといつも思いますよ。

☆ロビさ~ん
「ぎゃぁ~」って・・・やっぱり聞こえた?
長い行程だけど、やっぱり山頂にたどりつくとうれしいです。
沢もピークも両方感激でもったいない位だったよ。

☆まゆぴょん
感動、感動の連続だったですよ。
言葉が足りないレポなんだけど、ナルミズは右股を詰めたので
大烏帽子山と地蔵ノ頭の鞍部にたどり着くんです。
そこから、地蔵ノ頭~JP~朝日岳とひ~こら藪こぎと登山道歩きですた。
2008.10.16 Thu 20:31 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆カモシカさん
沢ツメは辛いところが多いのですが、ここは草付きで楽に稜線に上がれるので
そういう意味でも天国でした(笑
こういうところを歩くのはほんとに気持ちがいいです。
カモシカさんの涸沢も絶景ですね。今年は紅葉どちらも当りみたいですね。
2008.10.16 Thu 20:57 URL [ Edit ]

- MINMIN

いや~素敵な光景ですね!
1年目でもう行ってしまって、いいなあ・・・
私はこの沢と赤木沢を登れれば・・と思って沢を始めましたが、いまだに気合が足らないので行けておりません。

目の覚めるような素晴らしい草原の詰めのようす、やっぱり、うっとりです。素敵な写真ありがとうございます。
2008.10.17 Fri 22:12 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ MINMINさん
行くまでは無理じゃないかなって、かなりためらいもあったのですが
2級下という沢レベルを信じての実行でした。
実際は丹沢の中級位かなあな感じでした。巻き道もあるしなんとかはなりました。

行ってみると、登山道歩きが多かったりします。
でも、沢、山と美しいので飽きません。

是非、行ってみてくださいね。
2008.10.18 Sat 11:41 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.