日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

2005.05.27
ロビンさんのブログの「インディアンの話」を読んで
ふと、人間の"分”(ぶ)ということについて考えてみた。
・分け与えられた"分”
・人が置かれている立場としての"分”
限りある地球のなかでの、地球に対しての人間として身の丈にあった行動。
その行動を上回れば”魂が追いつく”のを待ち、
自分の分を知り、何事も腹八分に留めることでもある。
”待つ”という概念のなかに進みすぎた文化、取りすぎた資源に対する反省を込めたい。
人間や作物が育つのを見守るゆとりを持ちたい。

Comment

- ロビン

先にトラックバックやられたぁ~ (笑

ぜいぜいさん  その通りだよね!
そいう事を言いたいのだけど、私の言葉には
いつも無駄があって うまく伝わらないのよねぇ~
2005.05.27 Fri 21:17 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

そんなことないよ。
にやりとする文章の行間から一生懸命な真摯な姿のロビンさんがうかんでくるって。

でも、山をやる人っていつもみなインディアンと似たようなこと考えながら行動してるよね。自然の大切さあやうさを知っているから・・・
2005.05.28 Sat 00:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/38-d0a5fc64
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.