日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

マスキ嵐沢

2008.07.13
今日は2回目の沢です。
ヤマビルのいない西丹沢で初心者でも行ける沢となると随分限られてしまいます。
ここは私たちにはちょっと手ごわい沢かなあと少し不安もありました。

i080713-023.jpg

F5(8mスラブ滝)、ここは相方水流突破!ぜいぜいは相方の上のバンドから右へトラバース
入渓してしばらくは、不安で胃が痛くなる始末・・・
でも、無名の滝、F1、F2となんなくクリアできで、アドレナリン出まくりで
いつしか胃痛と恐怖心は吹き飛んでいってしまいました。

i080713-014.jpg

F1(8m横向き)、ここは水線通しで

i080713-018.jpg

F3(15mスラブ)ここをなにがなんでも越えないと上には行けません。巻き道はなしとガイドにはあったが
右手に逃げられる。相方とぜいぜいは水流突破!

i080713-026.jpg

F4(7m)、スラブ滝で急な傾斜だが、ここも水流通し、もうここで全身ずぶぬれなのだが、
ひゃあ、気持ちいいのなんのって・・・

沢靴のフリクションを信じて登れば、自分には登れる滝だなと思い、ロープは出してもらわなかった。
でも、ちょっとでも無理って思えば、もちろん出してもらうつもりだった。
F2,F3,F4,F5はほんとにつま先数cmという箇所が随所。が、激しく滑る場所はない。
F7は涸滝10m、ここはえらく立って見えたので、迷わず右のザレの窪地を登った。

沢って相性があると思ったな。
相方は身軽なせいもあるけど、階段を登るように、すたすた立っていってしまう。
私はしっかり手をどこかに付いていないとやだなって感じ。

何よりも、バリでありえない急登を登ったり下ったりしているので、二人とも足の裏の力っていうのかな
踏ん張り力とか、バランスが少しはいいかなって思った。

沢を詰めたあとはこのまま登山道を下るには早いので権現山に登って、
もちろん南尾根のバリコースから下りました。
下った瞬間、雷ゴロゴロでいい時間で終了することができました。

あ~楽しかった!

レポは後日
1回目の玄倉本流はHPからレポが見られますよ。
   Comment(22)   ↑Top

Comment

- まきくま

ぜぜさん すごすぎます。
ほんと、バランスいいんだね。
そして気持ちよさそー。
なんだか、遠いひとになっちゃったなあ。。。
2008.07.13 Sun 21:38 URL [ Edit ]

- ゆう

沢が続きますね!
ここは正直、遡行して見たいです
丹沢に行きたいけれど遠い沢かな・・
・・それにつけてもここはいきたし・・!
2008.07.13 Sun 22:08 URL [ Edit ]

- おくがけど

>全身ずぶぬれなのだが、
>ひゃあ、気持ちいいのなんのって・・・

一度シャワーを浴びてしまうとw
これでぜいぜいさんもズブズブですなww
でもあまり調子に乗ると私みたいな失敗もありますので、特に身に着けているものは落とさないでね。
2008.07.13 Sun 23:40 URL [ Edit ]

- アランチャ

ぜいぜいさん、こんばんは。
すこぶる涼しそうな沢歩きで、見ているこっちも気持ちいいです。
今年の夏は、涼しげな写真が期待できそうで、楽しみにしています。
2008.07.14 Mon 00:02 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆まきくまさん
いや、そんなことないですよ。
やっぱり不安で朝からずうっと胃が痛くてどうしようかと思ったもん。
夏は高山じゃないと暑くてなあって思ってたけど、意外な近場で
楽しさを見つけてしまいましたよ。おさいふにもやさしいし。

☆ゆうさん
この沢は沢のコンビニって言われているそうです。
滝あり、ナメあり、小釜あり、詰めはラクチンで、行程も短めでコンパクトなんだそうです。
確かに小滝がどんどん出てきて飽きませんでした。
避難小屋も整備されてますから、1泊であと鬼石沢とか二つの沢を楽しんでもいいですね。

☆おくがけどさん
ほんとにもうズブズブです・・・
え~ファン限定の失敗談聞いてないよ~
何か落としたんだあ、おずぼんとかじゃないですよね(爆
冗談はさておき、先輩のお言葉は心して耳を傾けます。
危険度はマックスだから、いつも気持ちは引き締めないとですね。

☆アランチャさん
週末の大峰はたいそう暑かったんじゃないですか。
弥山、八経ヶ岳行ってみたいです。
沢はほんとに涼しくて下界の暑さが、遠い世界の話のようでしたよ。
2008.07.14 Mon 08:48 URL [ Edit ]

- 監督

すごい世界に入られたのですね。気持ちよさそうですが、なおかつ凄いです。

>無名の滝、F1、F2となんなくクリアできで、アドレナリン出まくりで
いつしか胃痛と恐怖心は吹き飛んでいってしまいました。

それって、クライマーズ・ハイってやつじゃないんですか?
2008.07.14 Mon 12:19 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆監督さん
深きゅんさんも、日本の山の優秀さは森林と渓谷にあると言われています。
森は昔から大好きでしたが、山を重ねて渓谷の魅力に引き込まれたということでしょうか。
もちろん、沢からの警告にも注意をはらってですね。

>それって、クライマーズ・ハイってやつじゃないんですか?
確かに・・・
2008.07.14 Mon 15:32 URL [ Edit ]

- hiro

なんて、涼しそうなんだ~
この時期にぴったりですね。この清涼感!
なんか、
ぜいぜいさん、かっこいいんですけど・・・
そして、
あ~、、ぜいぜいさんがとお~くにいっちゃう感じ^^
2008.07.14 Mon 17:00 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hiroさん
涼しくっていいよ~
と~くになんて行きませんてば~
相方には、そのひっつき力はヤマビルが乗り移ったと言われてます。ったく!
2008.07.14 Mon 17:28 URL [ Edit ]

- カモシカ

カッコいい~!!
沢も面白そうですね。でも、やばい場所はロープか?
ソロでは入門のハードルがちょっと高いですね。
しばしレポで楽しみます。
2008.07.14 Mon 20:10 URL [ Edit ]

- 食う寝るさんだ~す

すんげ~っ!
ぜぜさんカッチョイイよ~(^^♪
マジで、オイラ想像しか出来ない世界に行っちゃったのね~
なんかブログ記事も、専門用語溢れててレベルUP!

2008.07.14 Mon 21:01 URL [ Edit ]

- アランチャ

>週末の大峰はたいそう暑かったんじゃないですか。
えーと、ほとんど樹林帯の下で、風の止まった2,3分だけは、天然サウナの中でしたけど、それをのぞけば、ずっと風が吹いていたので、案外快適でした。(*^_^*)
(登山口で標高800m弱、いちばん標高の高い所で1440m弱、気温は不明。観音峯といえば、おくがけどさんは、よくご存知と思われ。(^^ゞ)
2008.07.14 Mon 21:51 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆カモシカさん
もう緊張しまくりちよこまんじゅうで・・・
今回はなんとかロープのお世話にはなりませんでしたが、
一人ではやはりハードル高いですよね。
沢は講習会とか道具も貸してくれるツアーとかもあるみたいなので
夏の1日を楽しむのは打ってつけかと思います。

☆食う寝るさん
実際、沢やりたいなやりたいなと言っていて実行に移せたのは3年の歳月がかかりましたよ。
それほど私たちにもハードル高かったです。
ほんとはもっと若いうちのがよかったかなって後悔もちょっぴり。
まあ、行ける沢を選んでぽちぽちとです。

☆アランチャさん
大峰は臆崖道さんのブログでも思ったのですけど、丹沢と趣きが似ているんですよね。
もっとも大峰の方が、聞きしに勝る沢も盛りだくさんなわけですが・・・
かなりあこがれなんです、大峰!
2008.07.14 Mon 22:16 URL [ Edit ]

- きぬ

玄倉川篇もみました。滝見るのは好きですが、登るなんて思ってもみなかったので、「わっv-12、凄!」でした。

F1なら知っていますが、F2,F3??です。(恥ずかしながら)

2008.07.14 Mon 23:48 URL [ Edit ]

- たここ

このぐらいの滝って、ヘルメットしてれば、なんとか大怪我しないものですか?ぜぜチームすっごいなぁ。
やっぱり沢も基本なのかな、ちょっと羨ましいです、その行動力。

(えーと、今、すごく酔っていて、1こ前の承認まちコメントが、私のじゃないのを祈ります・・)
2008.07.15 Tue 00:38 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆きぬさん
滝の近くって、マイナスイオンいっぱいでほんとに気持ちがいいですよね。
F1,F2,F3は沢の入渓点からの滝を順番に付けた名前です。
フォーミュラーではありませんです。(笑

☆たここさん
落ちても滝壺だから、よっぽど変な落ち方しなければ平気かなあ。
でも、落ちないつもりで登ってるよ。
やったことないからわからないけど、基本はフリークライミングと同じなのかしらん。
高度感は全然違いますけどね。
私はね、うちの押入れの天袋までとか、階段とか、タンスとかを登る練習してます(爆


2008.07.15 Tue 13:19 URL [ Edit ]

- たここ

>私はね、うちの押入れの天袋までとか、
>階段とか、タンスとかを登る練習してます(爆

わー、ぜぜさんちって、とっても、丈夫なおうちなんですね。
※愛のむちですから、心を鬼にして書いてますから。
2008.07.16 Wed 23:12 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆たここさん
もう、愛のむちでアザだらけです・・・
2008.07.17 Thu 23:46 URL [ Edit ]

- ロビン@会社

はぁ~ 暑い毎日の中で、沢の写真ってきもちいよぉー

ずぶぬれで遊び放題(もっと真剣だよね)って
子供の頃の感覚だよね。
そんな途中で よく写真撮れてますな。
カメラは防水? それともビニール袋入れ作戦?
2008.07.18 Fri 12:31 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ロビンさん
どっちかというと遊び放題のほうかなあ。
写真ね、死んだと思ったcaprio1が生きてたのよ~
だから壊れてもいいやでまんま撮ってます。
でも、持ち運びはビニールに入れてるよ。
2008.07.18 Fri 18:02 URL [ Edit ]

- たんべぇ

画像を見ているだけで涼しさが伝わってきますよん。
今日みたいにスカッっと晴れた夏空の下での沢登りは最高でしょうね~
それにしても、ぜいぜいさんすごい、かっこいい!!
バランスがいいのかな?
私も先日、上越のナルミズ沢を誘われたのですが怖くて参加できませんでした。
ぜいぜいさんが、手の届かない存在になっちゃったよ~~
2008.07.19 Sat 11:55 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆たんべぇさん
おお、あこがれのナルミズ沢!!!
私もいつかはと思っています。
経験者といっしょなら、大丈夫だったのでは。
あの天国への詰めとか、朝日岳に回っての池とうとか・・・あ~行きたいなあ。
2008.07.19 Sat 13:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.