日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

初沢は玄倉本流でした

2008.07.07
バリルートを歩いているとよく沢をからめて歩いたりする。
そうしていつしか沢歩きをしてみたいと思いは毎年募っていった。
でもクライミングの技術もなく、講習会に参加するには日程も合わず
それは単なるあこがれとして心にしまっていた。

なのだがどんな技術とどんな道具が必要なのか密かに下調べはしていた。

沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)沢登り (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)
(2006/06)
深瀬 信夫宗像 兵一


一応こんなのも読んでおく。

アルパインクライミング (ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書 6)アルパインクライミング (ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書 6)
(2007/04)
保科 雅則

商品詳細を見る商品詳細を見る

そのうち技術書を読んだり沢のガイド本を読んだりしているうちに、
私たちの技術でも遡行できる沢はありそうだ。

そうと決まればじょじょに道具を揃えだした。
沢靴、ヘルメット、沢用ボットハーネス、渓流スパッツ、ロープ、スリング、
エイト環、カラビナ、沢用手袋などなどだ。

日々には毎日ロープワークの練習やダンベル体操、腕立て伏せなどを地道に行う。

丹沢の沢を歩く―美しい谷への誘い

という沢入門の本の中で、玄倉本流の遡行記事があった。
沢に慣れる超初心者のぜいぜい家には打ってつけの沢じゃないですか。
そうして満を持して初沢でした。

前日までの雨のせいか、玄倉第一ダムの電光掲示板にはダム放流中の文字が・・・
が、日曜は晴れて良い天気。大雨があった訳でもなくサイレンも鳴っていないので
通常の放流と踏んでそのまま玄倉林道をゲートまで進む。
途中小川谷廊下遡行チームが林道の侵入禁止になっていることを知らなかったのか、
分岐で数台がおろおろとしていた。歩いても入渓点まで40分なのでなんとかなるでしょう。

玄倉本流、丹沢の黒部と言われるだけあって、石英閃緑岩の大きな岩が美しく
エメラルドグリーンの水を湛えている。

c080706-037.jpg


浅瀬から滝まで表情は様々だ。

c080706-004.jpg


 ダム放流中のおかげで水量が多くダイナミックな沢が楽しめた。

c080706-089.jpg


全体に沢幅は広く明るく屈託のないおおらかな沢でした。
ですが、3箇所の堤防を巻くのに一旦林道まで登らなければならず、
それがかなり急で結構なアルバイトでした。ある意味核心部です。

また、ダムが大量に放流するときは林道に数箇所サイレンがあるので、
鳴ったら速やかに沢から離れましょう。


詳細レポは後日です。
   Comment(26)   ↑Top

Comment

- ゆう

丹沢は行ったことがないけど
とても綺麗でダイナミックな沢ですね
やはりスケールが大きくて明るい沢はいいですね
2008.07.08 Tue 00:08 URL [ Edit ]

玄倉川? - Taketombow

 何年か前、この川の名前を聞いたような気がします。もっと広い川だったような記憶が・・・・。

 あれはこの川の下流だったのかな?

でも、この川の表情は良いですね。腰の辺りまで水に浸かると、ゾク、ゾクッ!として。あの瞬間が堪りませんね。
2008.07.08 Tue 00:43 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ゆうさん
暗いゴルシュはちょっと恐いイメージもありますもんね。
この沢は美しく泳ぐのもOK(泳がなかったけど)
でも大きな滝もないので、沢登りには物足りないかも。
ただ、同角沢やモチコシ沢等、丹沢を代表する沢の入口でもありますよ。

☆Taketombowさん
かれこれ10年前でしょうか、もっと下流域でキャンパーが沢で流された痛ましい事故がありました。
ダム放流中のサイレンや監視員の忠告を無視した結果でしたが
その場所を通り過ぎるだびに胸が痛みますが、
今では何も知らない沢遊びの人達が多く遊んでいます。

沢は楽しくてちょっとはまってしまいそうです。

2008.07.08 Tue 08:51 URL [ Edit ]

- まきくま

これって、ユーシンに行く林道ぞいの沢? あそこだとしたら、超気持ちよさそ。エメラルドグリーンの流れ、横目で見ながら何度か歩いたことあります。幅のひろい美しいナメがそこここにあるよね。
2008.07.08 Tue 08:57 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆まきくまさん
そう、そこそこ。林道から見下ろしてもきれいだよね~
ってか、まっきー知らないとこないなあ。ユーシンからどこまで登ったの?
2008.07.08 Tue 09:45 URL [ Edit ]

祝!デビュー! - たここ

ついに沢屋さんですね^^!
涼しげな美しい沢ですねぇ。

こんな沢を遡行できるなんてうらやましいな。
この夏は、稜線より沢が多くなるんでしょうかね?

私もこんな沢や甲武信の沢なんか歩いてみたいな~
2008.07.08 Tue 12:48 URL [ Edit ]

- hirosemama

ほんとうに 神奈川???
けっこう神秘的、プラス迫力ありですねー。
そしてあの事故も覚えてます
ちょうど最後の男の子が見つかって、パトカー、救急車とすれ違ったんですもの。
たぶん八年前、hirosemamaが 檜洞丸から下山してきた時に遭遇しました。
目の前の相模川も 増水警報なります、初めて聞いたときは空襲警報と間違えちゃったなーんてウソ.
(そんなに 年とってないです) 
アウトドア派のみなさん くれぐれも気をつけて下さいね。
うれしい、楽しい 報告お待ちしてますから。
2008.07.08 Tue 17:51 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆たここさん
ほんとに小さな第一歩です。夢は東北の山を沢からかなあ。
時間がたっぷりじゃないと無理だけど、いつかは!です。
2008.07.08 Tue 17:52 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hirosemamaさん
ここhirosemamaさんがユーシンまで歩きたいって言ってた玄倉林道の下ですよ~
今はトンネルが危険なので通行止めになっていて、なかなか入れなくなりました。残念ですね。
ああ、あの事故に遭遇してたんですね。
そんなことに自分もならないように、気をつけますです。
2008.07.08 Tue 17:57 URL [ Edit ]

- 食う寝るさんだ~す

きれいな沢ですね~。
こんなのを見てれば、行きたい思いが募るのも納得です。
夏場なんかは沢見ると飛び込みたくなります(笑)
これから夏にかけての展開が楽しみです。
2008.07.08 Tue 21:11 URL [ Edit ]

- belay

沢デビューおめでとう

夏はジャブジャブが気持ちいいですね。
沢は、ルート選択、高巻き、藪漕ぎ、下山方法と総合力が必要ですから面白いです。
2008.07.08 Tue 21:17 URL [ Edit ]

- おくがけど

んでもって上半身をやたらと使うので、翌日筋肉痛になるのだ~(笑)。
玄倉川って結構スケールでかそうですね。
2008.07.08 Tue 21:58 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆食う寝るさん
きれいですよ~
ここはのんびりとトカゲを決め込んで、大岩の上で惰眠を貪るのもまた夏の楽しみと思います。
行きたい沢はいろいろあれど、果たしていくついけるかなあ。

☆belayさん
ありがとうございます。大先輩に祝福されて幸せです!
いつかはbelayさんが辿るようなルート、行って見たいです。
疑問点など、ときどき質問するかもなのでその節はお願いいたします。

☆おくがけどくん
そうそう、その日のうちにきましたよ~(若いもん)
スケールでかいですよ~大きな滝はないので、沢屋さんには物足りない沢でしょうけど、
遊ぶにはもってこいです。
2008.07.08 Tue 22:25 URL [ Edit ]

ついに一歩を踏み出しましたね - K林@そろそろ就寝

ユウシン・玄倉の沢は気持ちいいでしょうねぇ!
うーん、行ってみたいなぁ!!
慎重に・気をつけて、そして普段目にしない刺激的な写真を待ってマース
2008.07.08 Tue 23:09 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆k林さん
登山とはまた違った世界で、目からうろこ状態でした。
全身フルパワーで挑むのもまた楽しかったです。
ほんとに初心者の沢なので、難しいところはないです。
あとは、相方が機転を利かせて、ロープ出してくれるのを待つだけです???
そうして、もう少し体重おとさないとだなあ・・・しみじみ
2008.07.08 Tue 23:32 URL [ Edit ]

新しい世界やねー - ロビン@会社

TOPの真っ白な岩がまるで大きな雪の塊みたいだねー

ぜぜ家は なかなか新しいことにチャレンジするなぁ
沢かぁ 
このお誘いは ぜぜさんからか? タッキーからか?
でもさ、これからは水と戯れるのって楽しそうだね。
なんたって ぜぜさん宅のお膝元でたっぷり遊べるのがうらやましー v-410
2008.07.09 Wed 17:31 URL [ Edit ]

- カモシカ

レポ拝見。
サワやかなサワ屋さんに変身してしまいましたね!

かつて私もユーシンに向かう林道から横目で眺めていました。夏の沢登り、涼しげでいいなぁ。
私でも道具がそろえば玄倉本流ならやれるんでしょうかねぇ?
2008.07.09 Wed 17:52 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ロビンさん
尾瀬よかったね~梅雨のうっとうしさも一掃しちゃったんじゃないかな。
沢は随分と前から行きたいなと思っていたんですよ~
もっと覚えなければいけないことがたくさんあるので、簡単な所からって感じで始めます。
そうそう、近いってものポイント高いです、ガソリン高いからね、、、

☆カモシカさん
安易には言えませんが、カモシカさんは岩場に慣れているので、たぶんOKかと・・・
自然の条件によって沢は顔を変えてしまいますもんね。
沢のいろいろなページでは初心者は、経験者同伴、山岳会での入渓が前提だと言っていますし・・・
2008.07.09 Wed 18:39 URL [ Edit ]

- 輝子

沢デビュー、おめでとうございます。

沢シューズの履き心地はいかがでしたか?
フェルト地は意外に滑らないでしょ。

私は沢は去年行かなかったし、今年も行かなさそう。
夏の暑い日なんか涼しくていいとは思うんだけど、
沢って滑るから怖くて。

ヒルは出ませんでしたか?

2008.07.09 Wed 18:45 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆輝ちゃん
あんがと。
HPのレポには書いているんだけど、うちは高巻きが多いと思うので
フェルト地じゃなくて、アクアステルスってソールなんですよ。
これは、こけ、ヌメリには弱いんですが、
花崗岩の岩やスラブ、泥、草付き、雪、高巻きに強いというふれこみです。
玄倉で、林道に出る泥壁でも、登山靴と変わらなかったし、白ザレにもいいと思いました。
西丹沢は花崗岩質の沢が多いので、そんなには滑らないかなと。
おまけにヤマビルいなくて最高です。ただ難易度高い沢が多いのがネック。
2008.07.09 Wed 20:26 URL [ Edit ]

初沢登り~ - mogu

レポ拝見させていただきました。
玄倉川本流、まっ白な岩がまぶしい綺麗な淵と水で楽しめたようで良かった。
この上流に有名な小川谷廊下があるのですよ~ぜいぜいさんもいつか是非トライしてみてください。

ぜいぜいさんはバリルートも歩かれて読図も出来ると思うので、マスキ嵐沢もお薦めですよ。これから沢登りの季節到来、楽しんでくださいね(^^)
2008.07.10 Thu 10:09 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆moguさん
道具の選定の時には、いろいろお世話になりました。
行きたい沢に思いは募ります。
moguさんのようにバリバリ登れるようになれるといいなあ。
2008.07.10 Thu 16:07 URL [ Edit ]

- ふうろ

こんばんは。
いよいよデビューですか。
綺麗ですねえ。沢の流れに癒されそうだ。
それにしてもさすが、用意周到で素晴らしい。

私もいつか沢デビューしたいですが、色々と準備が必要ですね。
沢シューズの前にクライミングシューズとハーネス買ってしまったので取りあえずは岩登るために練習してみます。

いつかくるかもしれない沢デビューのためにぜぜさん夫妻のレポ、参考にさせてもらおっと。
2008.07.10 Thu 18:11 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ふうろさん
クライミング、頑張ってますよね。
ハーネスは沢と兼用できるからたぶん平気なのかなあ。
ただ濡れると岩用のはちょっと重くなるらしいです。
いつか、いっしょに沢登れるといいね。
2008.07.11 Fri 11:23 URL [ Edit ]

- だるふぉ

玄倉川は僕がその支流を去年雨でやめちゃってそのままになったトコですね。
途中橋の上から見た水がブルーで綺麗だったことを覚えています。
本流を行くとこんな感じなんですね。
2008.07.12 Sat 14:06 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆だるふぉさん
そうだ、小川谷に入れなかったんだよね。
玄倉川界隈は花崗岩のきれいな沢だね。今年は沢これから?
2008.07.12 Sat 17:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.