日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

鈴鹿北部縦走

2007.11.21
なんとかUPしましたのでお暇な方どうぞ!

鈴鹿山脈北部縦走

Comment

- びすこ

まきくまさんとまゆ太さんとそれぞれ京都で飲んだ時に
この山行の話題が上がりました。
ぜいぜいさんの山の向き合い方っていいよね!が合い言葉でした。
今年はなかなか強烈な印象の残る山ばかりですが
もちろんぜいぜいさんと行ったこの山行もよき思い出です。
私も早くテキスト化しなくては。
バス停での反省会、私の手元にあるものは…、えへっ。
2007.11.21 Wed 22:07 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆びすこさん
その節はほんとにどうもどうもお世話になりました。
そんなにほめんといて。
なんたって、今回は水場を当てにして持って行かなかったことが
痛恨の1発だったので、
びすこさんの3Lがどんなにありがたかったことか!
まだまだ私たち未熟者ですから。

びすこさんの手にあったあれ、おいしかったね~
2007.11.22 Thu 12:59 URL [ Edit ]

- Taketombow

 素晴らしい山行でしたね。
これには完全に脱帽です。この辺りは獣道が多い上に、みんなが好き勝手に赤テープを付けるので、とても分かり難いところです。
鈴北岳から鈴ヶ岳へのルートは、赤テープや、赤い梱包用テープが紛らわしくて分かり難いので、先日は途中で引き返しました。
 私は入下山ともにいつも三重県側からだけなので、いつか滋賀県側へも下りてみたいなと思っています。
 でも、御池谷だけは敬遠した方がよさそうですね。
 この山は、秋のこの時期と春先のフクジュソウ、カタクリの時期が適期です。後は真冬のスノーシューの季節かな。
 あとは、あの憎たらしい「ヤマヒル」の別天地となります。
2007.11.23 Fri 20:22 URL [ Edit ]

- アランチャ

ぜいぜいさん、こんばんは。
鈴鹿、面白そうだなぁ、と思わせるレポでした。
この辺はさっぱりわからないので、まずは地図が欲しくなっています。
でもって、「大君ヶ畑」の読みが「おうじがはた」だとは知りませんでした。(^^ゞ(素直に「おおきみがはた」と読んでました)
だから地名って面白いんですけど。(笑)
2007.11.23 Fri 23:45 URL [ Edit ]

- まきくま

ぜいぜいさん昨日はどうも~
ひさびさのぜいぜいトーク、いやされました~。
車中の話題も大盛り上がりだったねー。
で、鈴鹿いいなあ。前にも言ったと思うけど、父の生まれがこの山脈の麓なので思い入れだけはたっぷりありますねん。ふむふむ、スノーシューもありなのね。なんかすごくそそられるなあ。でも厳しい山になるんだろうね。
2007.11.25 Sun 12:15 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

今日はお山の予定だったのだが、朝起きれず・・・
相方一人でとんでもない丹沢バリに行ってしまった。
9時間近くかかったきびしいバリで、先ほど下山のTELがあった。
あ~行かなくてよかったなり~

☆Taketombowさん
鈴鹿の獣たちは、とても用心深いですね。
鹿たちも丹沢と違って、昼間堂々と現れたりせず、
気配を潜めていますね。なので、夜とのギャップに驚きました。
バリのようですが、御池谷を下るより、鈴ヶ岳の山頂から
滋賀県側に尾根を下った方が分かり易いように思いました。
実際、そちらから登ってこられる方もいらして、
赤テを拾って行けば、とおっしゃっていました。
今回は地形図がなかったので、それはしませんでしたが。
お花は多そうな山域ですね。春もいいですね。

☆アランチャ さん
長文にお付き合いくださり、ありがとうございます。
鈴鹿はうちからは遠い山域ですが、夜行を使えば
リーズナブルに行けるので、うれしいです。
土地の名前は面白いですね。タクシーを呼ぶとき
なかなか場所が通じなくて大変でした。
知らない土地はまず地図から入って、想像力を働かせるのは
楽しいですね。アランチャ さんのとこからは射程距離ですよね?
春には是非行かれてみては!

☆まっきー
昨日はほんとにお世話様でした~楽しかったね。
帰りに師匠がetcカード探してたとき、急にまっきーのこと思い出して
入れたかなあってすんごい心配しちゃったよ。
入ってるつもりでゲートにぶつかんなかったよね?
ほれ、今回だあれも大ドジしなかったからさあ・・・
鈴鹿、よかったよ。今度は御在所岳だなあ。
まっきーもルーツのお山としてぜひとも行ってくださいませ~
2007.11.25 Sun 16:31 URL [ Edit ]

- 木曽駒

ぜいぜいさん。鈴鹿、いいですねぇ。
ぜいぜいさんの山行きって渋くて、なかなかステキですね。
御在所は私も行きたいと思っているのですが、木曽からは遠くて。。。。。

でもいつか・きっと。。。。。。

ところで、連休は遠くから木曽駒荘へ来てくださってありがとう。
麦草岳、是非登ってください。
その時はタッキーも一緒に!!
待ってるからねぇ。
2007.11.27 Tue 02:12 URL [ Edit ]

- まゆ太

ぜいぜいさん、週末はどうも~
面白い?(黒い?)話がたくさんできて、もーおかしかったです(爆)
鈴鹿のレポ、読みました。びずこさんから大方聞いていたのですけれど、この組み合わせならではで解決しえたルートだったみたいですね。両方が両方をほめてるから、なんか笑ってしまいましたよ。
秋の鈴鹿、わたしも歩いてみたいなー
ぜいぜいさん夫妻は、いつもいい山登ってますよね。
2007.11.27 Tue 12:49 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆木曽駒さん
木曽駒荘では大変お世話になりました。
熊肉、シシ堪能しました。人とのふれあいやいろりの暖かさに
しみじみ幸せ感じました。
御在所行きたいですね~名古屋で落ち合って、
鈴鹿のテント場で前泊して次の日お山って手もありですよ~
もちビスはんも行かれるはず~

☆まゆぴょん
どんな話したか記憶が飛んじゃってるの~
今度会ったとき教えてくれい~

鈴鹿はなかなか楽しめるお山でした。
もち、ビスはんがいっしょで数段楽しかったのよ~
2007.11.27 Tue 20:47 URL [ Edit ]

- カモシカ永井

ぜいぜいさん今晩は。
木曽駒荘ではご主人もご一緒でしたか?お子様も手を離れこれからがお二人で楽しい人生が始まりますね。ぜいぜいさんの山旅これからは楽しみに見させていただきます。時々私のほうにも遊びに来ていただけると嬉しいです。
2007.11.27 Tue 20:56 URL [ Edit ]

- 十歩

なかなか素敵な山域ですね。
行ってみたい!と思ってしまいました。
でも、なかなか手ごわそうですね。
一人で行くのは無謀ですか?
2007.11.27 Tue 20:57 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆カモシカ永井さん
いらっしゃいませ~
えっと、誰を主人にしようかなあ~なんて冗談はさておき
今回は相方は来れなくて、ロビンさん、お師匠さん、まきくまさん
の4人で守屋山によってから来ました。
木曽駒荘楽しかったですね。こちらこそ、よろしくです~

☆10歩さん
尾根コースをとれば、単独OKですが、あの天場は
一人では恐すぎです。
たまたま、鈴鹿の山の会の方が、天場で火をおこしていたので
熊たちもテントまでは近寄ってこなかったのではと想像しています。
声ははっきり言ってかなり近かったですから・・・
藤原山荘で1泊して、御池岳ピストンが単独ならいいかな。
2007.11.27 Tue 21:42 URL [ Edit ]

- ロビン@お仕事

なんぎな登山道だねー
でもこんな風に、地図とコンパスで探し探し
自分の勘を磨いていくと りっぱな山ヤさんになれる気がする。
一度間違えたルートを戻るって かなり精神的にいやいやだけどねー
それにしても 動物達の気配を感じてのテン泊ってなんだかドキドキだけど
自然のど真ん中にいるようで少し嬉しいかも。
まっ 怖がりの私にはじぇんじぇんできませんけど。v-406
2007.11.28 Wed 12:27 URL [ Edit ]

- カモシカ

先日の八急山への道も
>落ち葉によって登山道が隠されていて踏み跡が薄い。標識が少なく分かり辛い、・・・。
状態でした!
この時期の低山ならではの難しさですよね。

こちらのエリアの山は18きっぷで春に狙ってみますかね。

中ほどの写真、「目出」ですか?ピンクとコラボでかわゆいです。
2007.11.28 Wed 20:24 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆ロビンさん
いろんな意味でエキサイティングなお山でした~
でも、冬の赤岳、片足アイゼンにはそ~と~負けるぞ~

☆カモシカさん
低山はなかなかあなどれませんね。ほかに仕事道や山菜道とかも
錯綜すると中々難しいですね。
確かに18切符だと夜行で丁度いい距離ですね。

えっと、写真は目出じゃなくて、後姿の髪の毛でした~
2007.11.29 Thu 17:29 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/315-cc15df5e
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.