日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

鈴鹿放浪

2007.11.06
ほんとの放浪ならかっこいいんだけどさ。
実はほんとに道に迷って放浪しちまったのさ・・・ったく。
今、こうしてパソコンに向かっていられる幸せ・・・

いつかは鈴鹿を縦走したいと暖めていたプランだったが、
鬼に金棒なビスターリさんと予定が合い、11/3~4で行ってきた。

コースはこんな感じ
西藤原駅~藤原岳~頭蛇ヶ平~白船峠~真ノ谷天場(泊)
御池岳~ボタンブチ~鈴北岳~ヒルコバ~御池谷~大君ヶ畑バス停
という、三重県から滋賀県に抜けるルート。

カルスト地形の尾根歩き、幽玄の沢歩き、庭園のような湿地帯、赤や黄の紅葉、
伊勢湾や琵琶湖の展望、野性味たっぷりな天場、なんといっても静かな登山道
どれをとっても低山とは思えない魅力満載な山域だ。

名古屋駅で近鉄乗り場(特に意味のない太字…)
に迷ってはいけないと、駅地図をコピーしていったのが、因縁と言えば因縁だった気がする…

たとえば真ノ谷の天場に下るところで…

07110304-061.jpg

標識も出てるし谷に向かって赤テもあったから、どんどん谷底へ向かうが、なんか違う…
戻ってまたあたりを探すと、木にうっすらと赤丸がついていて、右手にトラバースするようになっていた。
無駄に50分歩く。

また真ノ谷を詰めていくと…

07110304-079.jpg

谷の分岐で左の真ノ谷は大石ががらがらでとても詰められない。しかたなく谷の間の尾根を
ひ~ひ~直登。登山道に出たときは、ほっとしたよ。

また鈴北岳直下では、

07110304-104.jpg

分岐の道標が元池とあり、そちらに向かって行けば鈴ヶ岳と思い込み、げんに鈴北岳から
下ってきたおじさんに、「山頂から鈴ヶ岳に行く道はありますか?」って聞いたらないって言うから
安心して、鈴北岳まで空身でピストン。
戻って元池の先に踏み込むと、もう道なし~さんざ探しましたよ。
もい一度聞いてみると、なんと鈴北岳山頂から道があると言う。

絶句

またまた無駄に山頂を目指す…

ここからヒルコバまでは赤テに惑わされて、またまた谷底へ…

またまた戻って、なんとか別の赤テを探し、やっとヒルコバへ、ここから御池谷への取り付きが見つからず
やっと見つけて下ってみれば、赤実線とは思えない、廃道に近いガレガレの谷を下ってゆく。

RIMG3213.jpg

登山道のロストと悪路で1h20’のコースを2h35’も掛かってしまった。

バスに間に合わなかったのは言うまでもない。

コースが赤実線の一般登山道ということで、私はかなりいい加減な歩きをしてしまった。
実際藤原岳を過ぎると、落ち葉に隠れて踏み跡は薄く、道標も少なめ。
分岐も分かりづらいところが多い。また、地図に載っていない登山道もあり、初めて入るとかなり迷う。
また、谷コースは荒れ方がひどく、避けたほうがよかったかな。
ここは、一般登山道ですが、地図とコンパスで確認は必須でした。
ビスターリさんには、いろいろ迷惑かけちゃったです。

でも、全体としてはありのままの自然がすばらしく、天場は鹿や熊の鳴き声のにぎやかなこと。
楽しかったな。

Comment

- びすこ@ひこにゃんにもえもえ

道に迷ったのは二番目に歩く者の責任でもあります。
ぜいぜいさんは悪くないですよ。
地形図持っていけばよかった~!
御池谷はやはり数年前の台風の影響で荒れたようです。
でも、心なしか、三人ともルートファインドをしている時、半分楽しんでいたような…。
これに懲りずにまた一緒に歩いてください。
2007.11.06 Tue 19:42 URL [ Edit ]

- カモシカ

鈴鹿エリアは、恥ずかしながら研究不足です。
簡単に歩けるという思い込みもありましたが、ぜいぜいさんのレポを拝見して、脳トレによさそうな山だと感じた次第です。
びすこさんのコメントにもあるように、ルートファインディングを楽しんでいるベテラン3人衆が見えますよ。
2007.11.06 Tue 21:34 URL [ Edit ]

- ロビン@お仕事

すごいねー
色んな経験してるんだな。
どうもあっちは地図が頭に入ってないから
なんだか漠然としてるけど、面白そうなことは判る。
ぜぜさんとこからは案外ちかいんだもんね。
こういった事はあまりありがたくないけど、
こんな経験の積み重ねが確かな自信につながっていくんだろうね。
2007.11.07 Wed 12:45 URL [ Edit ]

- abc

こんにちは。通りすがりの者です。
このあいだ雨乞岳行ったときも赤実線なのにルートファインディングを要するほどだったんだけど、やっぱり鈴鹿の地図は要注意だわ。
どっかのホームページでもそれで泣かされて怒っている人がいたから。
それぐらいの方がおもしろいと言えばおもしろいんだけど…
行きたい山の一つなので参考になりました。
2007.11.07 Wed 13:32 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆びすこさん
今回はほんと楽しかったです。
>心なしか、三人ともルートファインドをしている時、半分楽しんでいたような…
そうそう、わざと3人で違うとこ歩いたりしてね。
特に、荒れてる谷は先行者が行き詰まる場合もあるので、
私たち二人で歩くときも、大抵少しづつ違うところを歩きます。
また、一緒に歩こうね~

☆カモシカさん
鈴鹿、景色に見とれているとほんと道ロストしちゃいますね~
高山より低山のがやっぱり迷う率は高いですね。
いろいろ反省でした。

☆ロビンさん
11月の紅葉は鈴鹿って前々から決めてました。
最も、相方の行きたいところと綱引きが大変だったけど。
春の霊仙山がいい雰囲気だったので、
この山域は秋もいいだろうなって思ってたんですよ。
行きは夜行使えて朝から歩けるし、帰りは新幹線で2時間
結構行きやすい距離ですね。車だとちょっといやかな。

☆abcさん
ようこそいらっしゃいました。
一般登山道は整備されているとの思い込みがあったので
今回はカルチャーショックな山域でした。
歩いた雰囲気は丹沢のやぶが濃くないバリコース程度です。
はじめての山域は地形図も必要だなと痛感しました。
が、いったんそうとわかれば、ルートファインドは楽しかったです。
もうしばらくしたら、詳細なレポも書きますのでまたご覧ください。
2007.11.07 Wed 17:51 URL [ Edit ]

- だるふぉ

こんばんは。
なんだか大変そうな、でも楽しそうな山行ですね。何気に余裕なのでしょうか?
ややこしい名古屋駅の地下街で遭難しなかったのにね(笑)
2007.11.07 Wed 22:27 URL [ Edit ]

- びすこ

>私たち二人で歩くときも、大抵少しづつ違うところを歩きます。
そうそう、お二人の阿吽の呼吸みたいのが伝わってきました。
いつもこんな風に歩いているんだなーって。
そんなおふたりの山歩きに憧れてしまいますよ。
2007.11.07 Wed 22:58 URL [ Edit ]

- hirosemama

ご報告から察するに とても 大変だったのでしょうが、ぜいぜいさんの たくみな話術で楽しいルートになっちゃってます。
出会う人も少なかったみたいですね。
夜行で行って 目が覚めると同時に 山登り?
んー んー hirosemamaの老体からは想像できず ムリムリって。
2007.11.08 Thu 15:35 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆だるふぉさん
鈴鹿はやっぱ、夜ですな~
鹿や熊の鳴き声の騒々しさといったら、夜の動物園みたい!
でもなんといっても名古屋駅が一番迷うぞ~

☆びすこさん
いつも変なとこばっかり歩いているので、危険回避の癖かなあ。

☆hirosemama さん
最近では夜行電車でも爆睡できる強靭な肉体になってしまいました…
帰りはビール飲みながら電車だから、もうるんるんです。
2007.11.08 Thu 18:04 URL [ Edit ]

数キロの「ニアミス」でした。 - Taketombow

鈴鹿にいらしてたのですね。
わたしはその日(ぜいぜいさんが藤原岳に登った日)コグルミ谷を歩いていました。良い天気の日でしたね。
 最近でこそ多くの人が入るようになりましたが、つい数十年前は鈴鹿でも最奥の秘境でした。今でも、ボタンブチや鈴ヶ岳辺りは登山道よりも獣道の方が多くてはっきりとしている有様ですね。
 鈴北岳から鈴ヶ岳への道は途中から踏み跡が消えている上に、非常にいい加減なテープが無責任についているので割と迷いやすい道です。
 でも、自然を満喫して良い山だったでしょう!
2007.11.08 Thu 20:55 URL [ Edit ]

- 食う寝るさんだ-す

たけ小屋の写真で、オスプレ-の水色見た時そうかな?って思ってたけどBINGO!

関西方面はまったく行ってないから、貴重な情報です
道のつき方が関東エリアとは違う雰囲気ですね。
こりゃ迷いそうだ(笑)
2007.11.08 Thu 22:39 URL [ Edit ]

- まきくま

さすが、ぜぜさん。
そっか、最初から紅葉ねらってたんだ。
テントでってところがすごいねえ。びすこさんもいつかやりたいと思ってたそうです。ほんといいタイミングで3人で歩けましたね。
地図読み、私も少しは勉強しなくっちゃなあ。
2007.11.09 Fri 01:42 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆Taketombowさん
そんなご近所にいらしたのですね。11月とは思えない暖かさでした。
藤原岳は結構人が出てましたが、そこを過ぎるとぐっと少なくなりますね。
おっしゃるとおりボタンブチは縦横に踏み跡があって、
広い山頂ですからガスがかかるといやらしいとこですね。
鈴ヶ岳への道は、赤テに惑わされました。ここが一番分かり辛かったです。
2日目には恵那山まで見渡せて、いい山旅でした。
今度は、御在所かなあ。

☆食う寝るさん
ちょっと遠いけど、いい雰囲気だったし行った甲斐がありました。
山も日帰りと天泊では全然表情が違うね。

☆まっきー
そうなの、11月で紅葉ばっちりなら藤原岳かなあって
当たりをつけてたんですよ。びすこさんとも意見が合っちゃて
そりゃ楽しかったです。
2007.11.09 Fri 16:28 URL [ Edit ]

- Taketombow

> そこを過ぎるとぐっと少なくなりますね。
そうでしたか。御池岳にしては凄い人出だなと思っていたのですが。それに2日目は「御池岳登山大会」が開かれて、200人の団体が入っていたのですよ。

>  2日目には恵那山まで見渡せて、
1週間前は好天だったので、御在所岳から富士山が見えてましたよ。

> 今度は、御在所かなあ。
そうですね。シロヤシオの季節が良いですよ。
この時期、問題は天候です。
2007.11.10 Sat 22:30 URL [ Edit ]

- hiro

そうそう!!!
名古屋から西は近鉄ですよね~。。。ボソっ・・・・
2007.11.12 Mon 11:17 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆Taketombowさん
200人の団体さんだったんですか?
時間がずれていたので、会わずにすんだようです。
いろいろ鈴鹿の情報ありがとうございます。
お気に入りな山域なので参考になります。

☆hiroさん
そうそう近鉄ですよ。いっぱい本数ありました。。。ぼそ・・・
2007.11.12 Mon 11:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/311-c61804ee

鈴鹿「御池岳・鈴北岳」秋色

 久しぶりに、鈴鹿「御池岳・鈴北岳」へ行った。 秋盛りの山には実に多くの人々が詰めかけていた。 天気も、私の身体のコンディションも良く。実に心地よい山行だった。 上は、山上の通称「日本庭園」近くで見つけた木の実。 色が飛んでいるが、実物は直径数ミリで...
トンボの空 2007.11.08 Thu 20:38
Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.