日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

清太郎さんの森

2006.02.22
昨日、昼になにげなくNHK教育「日本とことん見聞録」という番組を見た。
森林の再生がテーマで、秋田森の会「風のハーモニー」の佐藤清太郎さんの
森作りの紹介だった。
この時期になるとかなりの人が憂うつな気持ちで迎える杉花粉症
戦後の林業行政は、古来の雑木の森を切り払い、林道をつけ、
盛んに杉やヒノキを植林していった。材木を自給自足するという考え方は
他の国の森林資源を破壊しないという考えでいけば、なるほど理にかなっていて
一見いいアイデアだ。
しかし、悲しい資本主義の原理で、安い外国の木材に押されて
日本の杉やヒノキの森は手入れが行き届かず、花粉を撒き散らすだけの
悲しい存在になってしまっている。
最近その反省から、各企業やボランティアの方々が、森を再生するべく、
その土地に合った雑木の森を少しづつ再生し始めている。
もちろん、漁業の面でも、海の恵みは森からという考えはだいぶ浸透してきた。
しかし、そんな活動もほんの一握りの好意の上に成り立っていて、
事業としての林業としてはやはり、杉やヒノキの植林、放置の悪循環から
逃れられないでいる。(と思う)
そこで、清太郎さんの森である。
杉・ヒノキの植林は、2/3は間引きをしないと日光の恩恵を受けられないので
間引きはどうしても必要となる。しかし、手が掛かる上に従事者も高齢化していて
なかなか手入れが行き届かない。
そこで、清太郎さんは試行錯誤の末、杉の木の回りに落葉樹などの
雑木を植えることを思いついた。
まず、間引きをする必要がないこと、落葉樹なので冬は葉を落とし
杉の木に充分な日光が当たること、落葉した葉は、腐葉土となって
杉の木の肥料になること。
昨年、秋田を襲った台風の被害からも避けられたこと。
まさに、いいことずくめではないですか。
そうして、日光がよく当たるこの林の中は、いままでの杉林になかった
可憐な花たちが咲き、それを求めてさまざまな虫たちもやってくる。
真っ暗で死んでしまったような、杉林からは想像もつかないすばらしい環境ではないですか。
営利事業として成り立つべく、さらに環境にも注意を払ったこんな事業を
国ももっと知恵をしぼって考えるべきですね。
清太郎さんが最後に、生んだ子供のいい子だけを残して、
あとは間引きして捨てることなんてできないんだ。
みんな育ててあげたいと言った言葉が印象的でした。

Comment

- hirosemama

さて hirosemamaの登場! 「日本一 多く木を植えた男」ご存知?横浜国大の教授で ・・・・宮脇昭さん。やはりNHKの「知るを楽しむ」で紹介してました。常緑広葉樹を植えましょうって。かつての鎮守の森を大切に・・・。根本的発想は一緒かなー?日本の里山 取り戻したいですね。山のファンたちにあたえられた大事な課題と思います。
2006.02.23 Thu 10:10 URL [ Edit ]

- hirosemama

さて hirosemamaの登場! 「日本一 多く木を植えた男」ご存知?横浜国大の教授で ・・・・宮脇昭さん。やはりNHKの「知るを楽しむ」で紹介してました。常緑広葉樹を植えましょうって。かつての鎮守の森を大切に・・・。根本的発想は一緒かなー?日本の里山 取り戻したいですね。山のファンたちにあたえられた大事な課題と思います。
2006.02.23 Thu 10:10 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆hirosemamaさん、その番組も見ました。
そういう牽引力のある方がいらしゃると、
森の回復にも弾みがつきますよね。
ロビンさんがやっている高尾山の活動や、丹沢でも
植樹活動があります。まだまだ自分の楽しみ優先の私
ですが、いずれ行動に移したいです。
2006.02.23 Thu 19:40 URL [ Edit ]

- K林

「ケビンの里山自然観察記」講談社。一読あれ。

こういうのは、できれば日本人に書いてほしかったけど…、まぁ、昔の人には書くまでもないことだったのでしょう。
2006.02.23 Thu 22:30 URL [ Edit ]

- たっつん

ええ話や~。
しかしそんな一石二鳥な策があったんですなー。まぁ花粉症は花粉症で、マスクやら薬やらを買う人を増やして経済活動を活発化させているんかもしれませんけどねw

実際今更ピタっと花粉症がなくなってしまったら日本の経済に相当なダメージが加わるような気がします。
2006.02.24 Fri 13:33 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆k林さん、昔からの日本人の知恵・・・
どこかでぷつんととぎれてしまいましたような・・・
子供のころから親しんだ近くの里山は、今県の公園
になるべく、木をがんがん切ってブルドーザーで地ならしして・・・
いいのかこれで・・・
本読んでみよう。
☆たっつん、経済と自然の調和って難しいよね。
でも、そこをなんとか努力してもらいたい。
だからこそ、京都議定書に調印しないアメリカに
すごい憤りを感じてしまうのは私だけ?
2006.02.24 Fri 15:09 URL [ Edit ]

- hirosemama

ってゆうか 自然こわして 人間に都合のいい自然公園造ってますよ、どこもかしこも・・ヒールのお靴でお出かけする公園ばっか。だから 行っちゃうのよねー 高ーいあっちの方へ。でしょ?
2006.02.24 Fri 15:48 URL [ Edit ]

- まきくま

わたくし、京都議定書達成ひとり運動展開中です。
電気消したり、ね。余計な袋もらわないように、とか。
でも、車に乗るのやめられないのよねー、だめだめだな。
2006.02.24 Fri 15:50 URL [ Edit ]

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.02.25 Sat 00:54 [ Edit ]

- ぜいぜい

☆まきくまさん、とりあえず小さなことでもやらないより
いいですもんね。がんば~
2006.02.25 Sat 16:37 URL [ Edit ]

- 熊さん

ぜいぜいさん、お気遣いすみませんでした。
(なんも気にしなくてよかったのに(^^;) )

私は環境関連などいいことなんも、なんもしてません。かなしいかなで無力さえも感じるのですが、やっぱり小さな事でもできるとこからですかね。
ところであまり行けないんですが私はある場所に行くと、いつも語りかける巨木があります。行ってみると手をかざして、今年も会えたねぇ元気だったかい? なんて。
わたしなんか数百年の寿命の一瞬なのかもで巨木からすれば気にも掛けてもらってないでしょうけどすけど、そうやってるといつも心がなごんでくるんですよね。
2006.02.26 Sun 23:00 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆熊さん、いえいえこちらこそです。
木とか花って語りかけると元気がいいってきいたことあります。
庭とかでは、人が頻繁に花とかに語りかけて近寄ると
虫が花につきにくいんだって。
虫も人がくると殺されちゃうってわかってるんですね~
2006.02.27 Mon 12:21 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://zeizei.blog5.fc2.com/tb.php/137-239316aa
Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.