FC2ブログ

日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 |  

玉原高原と奥利根

2018.12.13
2018.10.20(土)~21(日)

DSC03927a.jpg

玉原高原にて
何の木が好きですか?と聞かれたら、迷わずそれはブナです。と答える。
役に立たない木と言われ、「橅」などというかわいそうな漢字をあてられるが、高い保水能力は森や山を守る大切な木。
ブナの白い木肌に触れる時、その体内に流れる水脈を感じ、それは地面から繋がる。

玉原高原は広大なブナ林
確か昔は東洋一のブナ林とかいうキャッチフレーズを聞いたような気がしたけど、いつしか言われなくなった。
目の届く範囲にずっと続くブナ林がほんとに美しい。
高原部の平らなところまで登りつめると、見渡す限りのブナ林が広がる。
湿原まで散策できるけれど、相方の膝がもたないので、そのまま元来た道を下って行く。

DSC03889a.jpg

DSC03903a.jpg

DSC03914a.jpg

DSC03907a.jpg

モミジも濃淡に色づいて見飽きない。まったく秋のお山はにぎやかに染められる。

DSC03951a.jpg

DSC03944a.jpg

DSC03955a.jpg

DSC03958a.jpg DSC03962a.jpg

玉原高原を散策して本日のキャンプ地、奥利根に向かう。

つづく
   Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.