FC2ブログ

日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 |  

佐渡に三度(みたび)

2018.05.15
2018.5.3(木) ~6(日)

DSC02161a.jpg

GW後半は3度目の佐渡へ、相方にぜひこの佐渡の雄大風景と文化の香りを見せたかった。
画像は小木の海岸
前泊した道の駅小谷もずっと雨が続き、3日に渡った佐渡も時折雨の降る生憎のスタートとなった。
直江津港のフェリーは、タグボートで外海までエスコートされるようです。
新潟で長男と待ち合わせ、長男の登山のアッシーの予定となった。

DSC01993a.jpg

11:30下船
少し早いけれど、これからお店も何にもない場所に向かうので小木でお昼ご飯。
グーグルで人気の高そうなお蕎麦屋さんへ向かう。(数台分の駐車場が近くにある)
時間がストップしたような趣のある店内、メニューがないのは、冷たいぶっかけのお蕎麦1種類しかないため。
欲しい分だけ何杯って頼むようなので、様子見で一人1杯づつ3杯を注文。
お年寄りだけでやっているこじんまりとしたお店だけど、この時間からお店はほぼ満員。
1杯500円で量が少ないので、3人とも無言でお代わりを頼みます。
茹で方がちょっと柔らかいのと量が少ないので、グーグルの評価はだいぶ盛ってるかなな感想。
蕎麦湯とつゆはおいしかった。

DSC01995a.jpg

DSC01996a.jpg

小木から岩首の棚田に向かう。
お天気がちょっと残念なので海の色がぱっとしない。
それでもここはとてもお気に入りの場所、棚田という執念とか力強さとか、その造形の美しさとかすべてが凝縮された場所。
そういった米に対する気持ちのこだわりが感じられてとてもいい。

DSC02001a.jpg

DSC01998a.jpg

県道181から山中でちょっと迷って小倉千枚田へ向かう。
ここは途中の道すがらの田んぼ、整然と美しい。

DSC02004a.jpg

そしてこちらは小倉千枚田
岩首と違ってかなりな急斜面に田が広がる。その高さと一つ一つの田の小ささをうまく表現できず残念。

DSC02007a.jpg

DSC02013a.jpg

小倉ダムの向こうにも棚田が広がっていた。

DSC02015a.jpg

ここからすぐで長谷寺(ちょうこくじ)へ、このお寺は前回も前々回も雨だった。
そして雨の似合う寺でもある。苔むした石段、雨に濡れた牡丹、しっとりとした木々、どれもがよく似合う。
重文の十一面観音は秘仏であり33年に一度の御開帳だそう。

DSC02017a.jpg

DSC02018a.jpg

DSC02021a.jpg

DSC02033a.jpg

DSC02034a.jpg

DSC02025a.jpg DSC02026a.jpg

DSC02019a.jpg

DSC02029a.jpg DSC02031a.jpg

最後に清水寺(せいすいじ)
これだけのお寺なのに、もう守る人もいないのか朽ちるに任せている風情が漂う。
だからこその侘しさと悲しさも感じられる。

DSC02035a.jpg

京都の清水寺を模した救世殿

DSC02037a.jpg

DSC02038a.jpg DSC02043a.jpg

お日様と競争で今晩のねぐら、新穂ダムキャンプ場(無料)に到着
水道施設とトイレが完備なのだけど、水道には残飯がそのまま放置されていた。これだけは残念。
ここはトキの飛行ルートらしいけれど、トキには会えず。
ダムの風景と相まって素敵なサイトだった。(翌日撮影)

DSC02045a.jpg

   Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.