FC2ブログ

日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 |  

静寂の寺巡り 滋賀、京都旅行 2日目

2017.11.18
2017.11.4(土)

PB040640a.jpg
苔も朱に染まる美しき庭園、醍醐寺
醍醐寺と言ったら桜!
なんでこんな時期行っても面白くないでしょう、というのが率直な感想だった。
湖東にも湖西にも彦根にも見所がいっぱいあるのに、わざわざ2h掛けて醍醐までとは。。。
しかし、期待を裏切って、この季節外れの醍醐寺は、心揺さぶられる素晴らしい場所だった。
庭園や堂宇の美しさもさることながら、上醍醐薬師堂から霊宝館に移された薬師如来像、日光、月光菩薩像(国宝)の
威厳とたおやかなやさしさは、いままで日光、月光なら奈良の薬師寺のが一番と思っていた私の認識をくつがえす
素晴らしい菩薩様だった。あの菩薩様の為だけに、また会いに行きたいと思う。

駐車場へのナビが細道に入ってしまい、少しまごついたものの無事朝の駐車場に到着。

PB040628a.jpg

総門より入り受付にて、寺社、三宝院、霊宝館の入場料を支払います。
まず、三宝院から、「土牛の桜」で有名な大紅しだれのある所。
枝ぶりで、その美しさを想像しながら玄関へと入ります。

PB040629a.jpg

豪壮な表書院(国宝)、醍醐の宴の当時をしのばせる庭園、朱に染まるモミジ。。。
奥に見えるのは、上醍醐のある醍醐山(450m)でしょうか。

PB040632a.jpg

PB040636a.jpg

本日より本堂の特別公開になっており、せっかくなので拝観、快慶の弥勒菩薩座像がかわいらしい。っていうか美形です。

三宝院を後に唐門の前を通り過ぎ伽藍堂宇に向かいます。

PB040630a.jpg47

PB040647a.jpg

国宝の金堂と五重塔も広い伽藍のなかで、立派な佇まい。

PB040649a.jpg

PB040650a.jpg

PB040659a.jpg
観音堂

PB040653a.jpg

PB040662a.jpg

弁天堂の界隈は赤みが多く、池の映り込みも素敵です。
ちょっと一服でお休み処、寿庵に入ります。相方は白玉ぜんざい、私はわらび餅と抹茶アイスのセット。
相方のぜんざいがおいしかった。

PB040661a.jpg

相方は上醍醐に行く気まんまんだったけど、入口で片道1hの山道と聞いて、ちょっと時間的に厳しそう。
上醍醐はいつか機会があったら行ってみたい。そして、秀吉の時代の人のように山頂から散りばめられた桜を望み見てみたい。。。

最後に霊宝館の仏たちに会って、こちらを後にした。

PB040663a.jpg PB040665a.jpg
              仁王門       

時間が中途半端なので、宇治平等院に向かう。
激込みだったことと、醍醐寺の静かなたたづまいがよかったことで、大きな感動はなかった。
鳳凰堂3h待ちは無理。。。
前回は、古式騒然とした改修前に修学旅行で訪れた。見事な変貌に多少驚いた。
ただ、鳳翔館の雲中供養菩薩像はとてもいい。これみると、ジブリのかぐや姫のラスト音楽を思い出すよね。

PB040667a.jpg

PB040669a.jpg

PB040672a.jpg PB040674a.jpg

今日も途中買い出しをしてこの界隈のキャンプ場がなかったので、帰路途中の黄和田キャンプ場に戻った。
時折雨が落ちたり、風が強かったりでどこのサイトも火おこしに苦労していた。
夕飯はつまみと、昨日の松茸の残りで、お吸い物仕立てのうどんにした、おいしかったな。
翌日帰路の桑名までの愛知川渓谷が、紅葉とエメラルドグリーンの水面がとても美しかった。

3日目につづく
   Comment(2)   ↑Top

Comment

- tochiko

修学旅行以来の建造物だなぁ。
美しさにうっとりです。
そしてそして
休憩はやっぱぜんざいよね~。
豆ってお米のように甘さだけでなく香りが好き。
遺伝子の中に組み込まれているというかなんか安心する香りです。
ぜぜちゃん
体調はいかがですか?
来年は駒ちゃんたちと〇歴隊?で土佐で逢いたいなぁ(^^)
2017.11.20 Mon 20:37 URL [ Edit ]

- ぜいぜい

☆とちちゃん
お寺回りも広いから中々ハードww
小豆は体に沁みますね~
え~来年は土佐上陸計画あるの~?
なんか楽しみな年になりそうだね。
2017.11.20 Mon 21:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.