日々のぜいぜい

Home |  |  |  |  | 山行記録 | つれづれ | たべもの | テレビ | ダイエット |  |  |  |  | 音楽 | 写真 | 動物 | 映画 | お絵かき | 芸術 | 未分類 

ゼニイレ沢

2016.07.12
2016.7.10(日) 

場所:群馬県みなかみ町(谷側連峰)
形態:沢登り
標高差:940m(白毛門登山道まで)
メンバー:相方、長男
コースタイム:自宅前日20:15~道の駅水紀行館22:45/3:55~土合駅4:10/4:40~白毛門登山口4:50~ゼニイレ沢出合6:00~
白毛門登山道11:20/11:40~白毛門登山口14:40


P7100144-002.jpg

一ノ倉沢を振り返って見る、クルックでウェブアルバムにリンクします
相方念願のゼニイレ沢です。西ゼンより強烈という相方の感想です。
入渓点から崩落箇所までのしばらくの間はザレ地帯が続きますが、

P7100084.jpg P7100093.jpg

それを過ぎると長大なスラブが終了点まで続き、息つく暇もありません。

P7100121.jpg

スラブも途中ヌメるところもあって、ラバーソールでは苦戦です。

P7100169-001.jpg

休む場所にも事欠きますが、束の間の谷川岳の風景です。

P7100202-001.jpg

P7100227-001.jpg

そしてトドメの奥壁が、通せんぼするように立ちふさがる。
クライマーにとっては何でもない壁でも、クライミングの素養のない2人にとっては、落ちられない失敗できないな要塞に見えます。

奥壁は、一旦バンドに這い上がって右に斜上、左に向きを変えて少し登って次は右に、ルンゼを登り、
ちょっとヤブを避けて左に振ってから、右手に登山道が見えるのでそこを目指した。

P7100253.jpg P7100265.jpg

P7100263.jpg P7100262.jpg

登山道に出てほっと脱力、というのが正直な気持ちであったようです。
長男だけ白毛門に登頂、二人共気力体力使い果たして、まったり下山となりました。

P7100272.jpg P7100274-001.jpg

お花たち

P7100133.jpgP7100135.jpgP7100146-001.jpgP7100147-001.jpg
P7100187-001.jpgP7100189-001.jpgP7100224-001.jpgP7100251.jpg



   Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと
まとめ
Copyright ©日々のぜいぜい All Rights Reserved.